world where it disappears

下関私生活

*

これから先二人はどうなるのだろう?。

   

52/1000 「未来からの贈り物: 短編小説集」 幸田 玲

ぜひ続きを書いて欲しい。未来がとても気になるので。

 

あれから十七年が過ぎて、私は二十七歳になった。でも、そのときのことを和也に話すつもりはない。母が乳がんで亡くなったことを話すと、和也は連想して余計に落ち込んでしまいそうな気がするからだ。

すごくいいんだよね。何が、というと。

読み進めるにつれて、情景が色鮮やかな映像となって目の前に浮かんで来るのです。まるで言葉に色が付いているみたいです。

過去形と現在形の使い方もうまくて、意識はしないのだけど言葉が絵に変わる。

ところが、これからどうなるのか気になっていると、唐突に物語が終わって、軽いショックを受けるのです。

あえて言います。お願いだから続きを書いて欲しい。

この本は短編集で10の物語が収められています。そのどれもが長編の切り取られたひとつの場面のようです。「月曜日の夜に」ではフランスのある映画を思い出しました。

短編集のタイトルになっている「未来からの贈り物」は視点を変えて同じ場面を同時に描写してあるけど、言葉が少し変えてある。

「東京物語Ⅱ」これは男のうじうじしたところがいい。思い出の場所で思い出を辿るところ、想像するだけで泣けてきます。男ってこんなもんです。

言葉の使い方がとても丁寧なのだけど作った感じはなくて優しい雰囲気が漂ってます。作者の人柄かな。

余韻が残る物語なので先を想像しないではいられません。現実的だけどスペキュレイティブ。

 

kindle で112円。

 

 - ぼくの読書法

  関連記事

雨降りには本を読んでいた。

71/1000 「メインディッシュはあなたに: 熱血フレンチ恋愛ミステリー」 朱 …

暗殺者の心の内にあるもの

127/1000 「天になき星々の群れ フリーダの世界」長谷 敏司   …

YouTubeで食べていくということ

42/1000 「YouTubeで食べていく 動画投稿という生き方」愛場大介 & …

レビューの書き方

90/1000「レビューの書き方」月狂四郎 実のところ、レビューを書くのは得意じ …

幽霊が成仏できないのは理由があった。

57/1000「リンドウにさよならを」三田 千恵 幽霊なんだけど、幽霊のはずが穂 …

愛車が5年目の車検を迎えたので車屋さんに行ってきた。

16/1000 「赤い靴」秋元カズヤ   雨が続いてます。気のせいかと …

旅に恋して世界を巡る女性のお話を読んだ。

56/1000 「恋する旅女、世界をゆく (1) 魅惑のインドネシア・マレーシア …

「ラインの蒲公英城と白い女」本間かおり

9/1000 「ラインの蒲公英城と白い女」本間かおり   「つねに社会 …

サンドリヨンってなんだろう?。

27/1000「午前零時のサンドリヨン」 相沢 沙呼   「うん、でも …

けなされても見たくなる映画

112/1000 「江頭2:50の映画エィガ批評宣言」 江頭2:50 &nbsp …