world where it disappears

下関私生活

*

カメラをもって興奮しに行こう。いのちのたび博物館自然史ゾーン

      2017/07/27

北九州市の「いのちのたび博物館」に行ってきました。場所はスペースワールドのすぐ横で、世界遺産の「官営八幡製鐵所旧本事務所」を見に行った時横目で通り過ぎた所です。

 

館内は写真撮影可なのですが、カメラを持っていかなかったので、写真は全てZenFone Max です。写りが悪いところは勘弁してください。そういえば、中でにぎやかな小学生の一団と遭遇したのですが、先生が展示物の前で生徒を集合させて記念撮影していました。これは記念になっていいと思います。ここは入ってすぐ右のところ。地球の誕生のコーナーです。

 

案内の方が入り口でチケットの買い方などを説明してくれたのだけど、リーフレットをわたしてくれなかったので、どこをどうやって行ったらいいのかわからなくて、いったん受付まで戻ってリーフレットをもらってきました。チケットは自動販売機で買うので受付で必ずリーフレットをもらったほうが良いです。というのは、広いので見て回る順番もわからなくて見落とす可能性がありますから。

アースモール。中生代から新生代。ここが広くて大きくて子どもたちが喜んでいた所。迫力ある恐竜などの骨格が展示されています。色んな方のブログでも一番写真が多い所。

 

洞窟の中を通り抜けると眼の前で恐竜が動いています。雷が轟き、恐竜の叫び声が大きく響いています。親子連れの小さな子どもが怖くて泣いていました。後で入ってきた小学生たちはこわーと口々に言ってました。大人は怖くはない。はず。ですが、音や光にはおもわず驚いてしまいました。

 

おお、正面だけでなく横、後ろでも恐竜がうごめいてました。この時代にいたらきっと食べられちゃってます。

 

アースモールに戻って大きな骨格標本を見ます。

 

これはナウマンゾウ。

 

アンモナイトの化石。

 

照明は暗くて、骨格に照明が当たっていて浮き出たように見えます。

 

これは2階から見下ろした所。下だけじゃなく高いところにも展示されています。正面の壁には映像が流されていました。2階からだと椅子に座って見ることが出来ます。

入り口にスタンプラリーの祇が置いてあるので、これはぜひ持っていきましょう。小学生に混じってスタンプを押して真綿のですが、順番に押して回ることで隅々まで見て回ることが出来るようになっていました。イベントとしての達成感も得られるしこれはいいアイデアだと思います。

続きます。

 

 - あまたの声五月雨のごとく

  関連記事

久しぶりに外食。それも贅沢に。

今日は豪勢な昼飯を食った。当然奢りです。 今日は周南市まで出かけたので、昼食はと …

脱力中

  灰色の霧の中を出社。太陽が出てないので前が見にくかったです。フロン …

萩の世界遺産反射炉を見てきた。

世界遺産とは、世界遺産条約で「顕著な普遍的価値」を有すると認められた文化財や自然 …

手をつないでピクニックに行くようにホームセンターへ。

人に連れられて小倉南のハンズマンに行ってきました。ハンズマンというのはホームセン …

父親から聞いた昔の節分の風習。

  頭が痛くて調子の悪い一日でした。 鼻水も咳も、熱も出ないので、イン …

今年は目出鯛、めでたい。

2017年1月10日。   福岡の宗像大社まで初詣に行ってきました。 …

海峡ドラマシップで「しあわせのリカちゃん展」を見てきました。

貧乏だったのでパットちゃんしか買ってもらったことがない!、という女子に連れられて …

ただしい私に見えない。か?。見えない。

  朝2時。外はまだ暗い。休みなのに目が覚める。睡眠のサイクルが未だに …

ヘルシーな生活

  家人が最近健康について気にするようになって、家人が見ているテレビの …

胸焼けがひどくて、ひどい初夢を見た。

新年早々、昨晩はひどい胸焼けでした。 ゲップが戻ってくるのを無理やり飲み込みなが …