world where it disappears

下関私生活

*

グロテスクな恐怖

   

109/1000「B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる 」綾里 けいし

 

表紙はきれい。とてもきれい。美少女と紅い唐傘。耽美的な美しさがある。

物語の始まりはこうだ。空から血まみれの肉塊、胸くそが悪くなる匂いとともに子宮が降ってくる。肉塊である。死臭というより血まみれだから生臭い匂い。

これが豚とかネズミだとか、ミミズだとかであればまだしも、(まあ、それでも不気味さはあるけれど)人間の内臓の肉が落ちてくるのだからグロテスクというしかない。

主人公の小田桐は愛知県奈午市(架空の都市だけど名古屋かな)の高級マンションの片隅にある探偵事務所で働いている。この探偵事務所は繭墨霊能探偵事務所といって、電話帳にも載っていない。上司の「繭墨あざか」は14歳の絶世の美女でいつもチョコレートをかじっている。

この本には五つの物語が収められている。最初の物語は、自殺をしたはずの姉の体が消えて、内臓が飛び降り自殺を続けているので、内臓が全て落ちてくる前に姉の本体を探してくれ、という依頼。

それだけでも腹一杯で消化できないところに持ってきて、二番目の依頼ではしゃれこうべ、三番目では鱗の生えた白い腕が出て来る。四番目と五番目の話でやっと小田桐と繭墨の由縁が語られるのだけど、それかて、鬼と繭墨家の呪われた家系の話。

狂気、幻視、得体の知れない恐怖が全編を覆っています。グロテスクな表現と14歳とは思えないあざかの言葉遣い。読み進めていくと慣れてきて、鼻につかなくはなるけどそれまでが大変。休んでは読み読み進めてはつっかえての繰り返し。読み終えるのに何ヶ月かかかりました。

おすすめです。

koboで691円。 kindleでは640円。

 - 5年で1000冊読むぞプロジェクト

  関連記事

マストドンとは何?。

82/1000「Mastodonとは: 脅威の分散型SNS」吉田喜彦 日本で爆発 …

旅に恋して世界を巡る女性のお話を読んだ。

56/1000 「恋する旅女、世界をゆく (1) 魅惑のインドネシア・マレーシア …

アンリミテッドの手前で。

  今日は終日雨が降りました。12月に入ったのに寒くなくて、帰宅時の気 …

究極のラブストーリー。

105/1000「ボヘミアンガラス・ストリート 第1部 発熱少年」 平井和正 & …

ハードコアラブストーリーまたは大人エンタメテロ

61/1000 「犯罪特区COLD BRAIN」奏ちよこ   極端に言 …

誰にでも巡ってくる美しい夏の日に

44/1000 「ハローサマー、グッドバイ」マイクル・コーニイ 真冬に夏の話をす …

何事にも理由がある。

50/1000 「理由(わけ)あって冬に出る 市立高校シリーズ 」似鳥 鶏 男子 …

第三次世界大戦

43/1000「第三次世界大戦3 パールハーバー奇襲」大石英司   た …

水道局を舞台とした人間関係がリアルな推理ドラマ

  91/1000「殺意の双曲線 水道局長のアリバイ」花小路夕一 A市 …

これから先二人はどうなるのだろう?。

52/1000 「未来からの贈り物: 短編小説集」 幸田 玲 ぜひ続きを書いて欲 …