world where it disappears

下関私生活

*

Angel Olsen “My Woman”

      2017/08/04

台風5号が近づいてきて、ちょっと心配な今日このごろですが、暑い今年の夏は汗を流しながら(というのは嘘です、エアコンで涼しい中)Angel Olswn (エンジェル・オルセン) のアルバム “My Woman”を聞いています。

音楽を本気で聞くのはとてもひさしぶりです。たまには昔のロックを聞いたりしていたのですが、このところEDM中心に聞き流していたので音楽を聞いて楽しんでいるのも久しぶりです。

最初に聞いたときにはなんとなくラナ・デル・レイににていると思ったのは、エンジェルの声のトーン、その低音のところとか、ゆっくりとしたメロディがそう思わせたのだと思うのですが、ラナの最新作「ラスト・フォー・ライフ」を聞いたところ、違ったと思ったのでした。

エンジェルの曲は結構バラエティに富んでいて、フォークともロクとも言えない感じ。バックバンドの出す音の影響かもしれないけれど、SSWというよりかなりロックよりの音楽のような気がします。

低い歌声は落ち着いた感じで、絶叫するわけではないのでフォークっぽいのですが、叙情的でもあり、ノスタルジックな感じもします。何処かで聞いたような感じ。

ロックがロックであるのはギターによるところが大きいと思っている私には7曲めの “sister” や9曲めの “Woman” といった曲は大好物。歪みすぎてないノイジーなギターが耳障りよくて、とても心地よい。

エンジェル・オルセンはアメリカのミズリー州セントルイス出身でノースカロライナ州アシュヴィルで活躍している30歳のシンガーソングライター。

今回のアルバムが日本のデビュー作で、これまでに2012年に”Half Way Home”、2014年に”Burn Your Fire For No Witnessni”と2枚のアルバムを出しています。いずれもspotifyで聞けます。 “My Woman” の中の曲ははYouTubeで聞くことも出来るのでぜひ。

 - こころの歌

  関連記事

まってたぞ Antony and the Johnsons “Cut the World”

“Cut the World” by “An …

アーマッド・ジャマルのライブで忙しさを横におく。

感動。 映像を見た時は大丈夫か?と思ったけど。大丈夫だった。アーマッド・ジャマル …

ひまわりを見に行けなくて、Netflixを見て過ごした昨日。新しいBlack Tape For A Blue Girl の曲を聞いた今日。

一昨日の夜、土砂降りで2重サッシの窓を閉めていても雨の音がうるさくて目が覚めて睡 …

魚離れ、車離れ、テレビ離れ、音楽離れ。

最近若者の魚離れがはなはだしいといわれてますが、テレビで言うにはファストフィッシ …

ピーピーピー

  ピーター・バラカンがポッドキャストでマーカス・ミラーのことを言って …

2013年よく聞いたアルバム。その6 “Creator Spiritus” by “Christopher Bowers-Broadbent, Theatre of Voices”

“Creator Spiritus” by &#8220 …

2013年よく聞いたアルバムその5 “In Concert”  by Dead Can Dance

“In Concert”  by Dead Can Da …

ロビンの訃報を聞いて「救いの鐘」を何度も聞き直しました。

ロビン・ギブの訃報を聞きました。   「救いの鐘」はPPMの「悲しみの …

David Guetta “Nothing But the Beat”

ちょっとめげることがあって、元気が出ない。 対応としては考えることはなくて、選択 …

70年代を柴田淳のカバーアルバムでふりかえる。

柴田淳がカバー曲のアルバムを出してます。アルバムジャケットの子供の写真は柴田淳の …