world where it disappears

下関私生活

*

門司港レトロに行ってきた。その1新しくなった門司港駅2。

   

最近ペイペイを使うようになって、気がつくとローソンやファミマで散財してしまっている今日このごろ、 すっかりセブンイレブンにはご無沙汰しています。 みなさんどうお過ごしでしょうか?。お元気でしょうか?。

訪問日からずいぶんと日がたってしまって(記憶から消えかけている)門司港駅の続きです。ここは切符売り場の手前の左側、スターバックスコーヒとは反対側にあるみどりの窓口です。

整列のためのロープが張られてます。中はとても広いです。

ここがみどりの窓口。どこか外国のオフィスみたいです。

さて駅の奥に入っていくと正面にある改札口です。出入りできるのは4ヶ所。

門司港駅の記念スタンプがありました。これは記念になりますね。早速ぺたりと。

スタンプがあった場所から少々左に入ったところ。先日のエントリーで書いた大きなパネルのあった壁の向こう側です。旧小荷物取扱室。

今はここが待合室になっています。ここにも大きなスクリーンが設置してありました。

待合室の奥にあった「誇りの鏡」。説明文を見たのだけれどいわれはどうでもいい感じ。

門司港駅の建設当時の設計図が展示してありました。


ここには「わたせせいぞう」氏の絵がたくさん飾ってありました。なんだかとても懐かしい感じの絵です。ハートカクテルの世界。

わたせせいぞう氏の肖像写真。お顔は初めて見た気がします。公式サイトによると

本名、渡瀬政造。神戸市に生まれる。生後まもなく北九州市小倉北区に移り住む。
早稲田大学法学部を卒業。

改札口の右の一番奥にあるのが「関門連絡船通路跡」。

かつてはこの通路を通って下関までの連絡船乗り場に行ったそうです。

dav

で、これは階段の横にあった「渡航者の監視所跡」です。

続きます。

 - 産業遺産とか建築物とか

ad




ad




  関連記事

関門海峡ミュージアム
関門海峡ミュージアム(門司港レトロ1)

関門海峡ミュージアムは別名海峡ドラマシップとも言いますね。唐戸桟橋から渡船で行く …

城下町長府 桂弥一旧宅(茶屋 祥)
城下町長府 桂弥一旧宅(茶屋 祥)

桂弥一といっても知らないのですが、萬骨塔や長府博物館の前身である長門尊攘堂を建て …

城下町長府 長府毛利邸 その6
城下町長府 長府毛利邸その6

母屋から庭園への降り口にはスリッパが用意されています。このスリッパを履いて母屋か …

太翔館
太翔館

下関市立豊北歴史民俗資料館「太翔館」です。   随分と長いこと改装して …

下関発電所に行ってみた。
下関火力発電所に行ってみた。

雨の合間を縫って長府港町にある下関火力発電所に行ってみました。「発電所敷地につき …

めぐみ幼稚園第二園舎(旧宣教師住宅)
めぐみ幼稚園第二園舎(旧宣教師住宅)

めぐみ幼稚園第二園舎。登録有形文化財です。   めぐみ幼稚園から坂を登 …

JR新下関駅 在来線口(南口)
JR新下関駅 在来線口(南口)

新下関駅在来線口です。この角度だと駅は柱に隠れて見えていませんが、右に座りこんで …

長府毛利邸苔の池

引き続き長府毛利邸です。母屋から庭に降りることができるので、備え付けのスリッパを …

徳地の御所野小学校跡を訪ねてきた。

鹿児島旅行に行く前、徳地法光寺を訪ねたときと同じ日、食事に行く途中に見かけたのが …

坂の上の雲ミュージアム
坂の上の雲ミュージアム(松山市)

福山から「しまなみ海道」を通って松山市道後温泉へ。ここは「坂の上の雲ミュージアム …