愛車で旅に行ってきた。

2016年春の四国の芸術とオリーブを巡る旅 その4大塚国際美術館モネの大睡蓮

更新日:

 

2016年春の四国の芸術とオリーブを巡る旅

B3Fを見るだけで1時間以上時間がかかりました。お腹が空いたのでB2Fのカフェで食事をすることにしました。

 

2016年春の四国の芸術とオリーブを巡る旅

入り口にメニューがあったのでこれを見て、家人はミックスサンドとコーヒー、私はヴィーナスカレーを食べることにしました。

 

2016年春の四国の芸術とオリーブを巡る旅

カウンターで注文して、ここで受け取ります。お客さんが多いので少し待ちました。家人は椅子に座って待ちます。

 

2016年春の四国の芸術とオリーブを巡る旅

これがサンドイッチとコーヒー。コーヒーはポットで出てくるので2杯分あってお得です。

 

2016年春の四国の芸術とオリーブを巡る旅

ヴィーナスカレー。なぜヴィーナスかというと、この皿の形でわかるかと思いますが、どうみてもボッチチェリのヴィーナスの誕生の貝殻ですね。甘くなくちょっとピリッとするくらいの辛さで、野菜もたっぷり美味しかったです。

 

2016年春の四国の芸術とオリーブを巡る旅

カフェの窓から外はモネの大睡蓮。

 

2016年春の四国の芸術とオリーブを巡る旅

ゆっくり食事を食べて、庭に出てみます。

 

2016年春の四国の芸術とオリーブを巡る旅

この外側の水の中には睡蓮がまだ咲いてませんね。

 

2016年春の四国の芸術とオリーブを巡る旅

中に入ると360度モネの睡蓮です。

 

2016年春の四国の芸術とオリーブを巡る旅

ちなみにうちの家の玄関に飾ってあるモネの睡蓮はこれです。(一応シリアルナンバーが入ってます。)

 

2016年春の四国の芸術とオリーブを巡る旅

これが来た方向です。真ん中のこの椅子に座ってじっくり見てね、ということだと思います。

 

2016年春の四国の芸術とオリーブを巡る旅

家と同じ睡蓮の絵を探したのですが、ありそうでなさそうで、よくわかりませんでした。

 

2016年春の四国の芸術とオリーブを巡る旅

2016年春の四国の芸術とオリーブを巡る旅

これは上の写真と反対側。

 

2016年春の四国の芸術とオリーブを巡る旅

これは入ったところの正面。

 

2016年春の四国の芸術とオリーブを巡る旅

外に出て回りをぐるっと回ってみます。ここで食事をしている人もいました。晴れていて暖かくて優雅な感じです。

 

2016年春の四国の芸術とオリーブを巡る旅

絵の書かれた壁の外側は緑でうまいこと隠されてました。

 

2016年春の四国の芸術とオリーブを巡る旅

水の中にはメダカのような小さな魚が泳いでました。

続きます。

-愛車で旅に行ってきた。
-, , ,

Copyright© world where it disappears , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.