world where it disappears

下関私生活

*

「 ぼくの読書法 」 一覧

桜が落ちた後の寒い春に震えている

桜が落ちた後の寒い春に震えている。

納豆が食べられない、と言ったら、会議のメンバー17人中私だけが駄目なことが判明し …

いつも夢の街で道に迷ってしまう。

はじめての街の入り組んだ商店街の中の迷路のような場所で探し人を見失った。 商店街 …

太宰治が読みたくなる。

朝靄なのか霧なのか、今日は日の出が見られなくて、朝日もさしませんでした。遠くの景 …

君は君であって他の誰でもない。

今朝はゆっくり。目覚めたのが5時。大抵は休みの日はいつもより早く目が覚めるのだけ …

冷たい風に煽られて、身をすくめて歩いた。

  今日は断続的に雪が降りました。風が冷たくて、外に出ると死にそうに寒 …