「風に吹かれて路地を歩いてきた。」 一覧

倉敷と宮島の旅は人で溢れていたよ。その11宮島といえば焼き牡蠣だよね。

宮島で焼き牡蠣を食べました。   道の右に見えている紅葉のすぐ先が無料バスの停留所です。登った時に比べると歩いている人は少なくなってます。午前中から午後の早い時間にかけては団体さんが多かった ...

北浦街道を後田町から山の口町まで。

ここは後田町の北浦街道へ続く交差点です。左へ行くと山の田方面で、右へ行くと東駅があります。左は北浦街道ですが右の道はは江戸時代にはなかった道かもしれません。   来た時は気が付かなかった交差 ...

北浦街道を山の口町から後田町まで。

うららかとは言いがたい、真夏に近い気温の中、山の口まで行ってきました。ここを通っている道は北浦街道の一部のようです。山陰道の下関から益田までを北浦街道というらしいですが、よくわかりません。これは山の口 ...

昭和モダン館のレトロな看板

長府の毛利邸のすぐ近くにある「昭和モダン館」です。耳慣れないなと思ったら2015年9月18日オープンだったのでまだ半年くらいですね。公式サイトによると「大正と昭和のレトロな商品を紹介!」とあります。 ...

路地を歩く~一の宮住吉2丁目から楠乃2丁目あたり その5再びトンネルを越えて

引き続き一の宮住吉2丁目を歩いてます。住宅街を一人で写真を取りながら歩くのは危ない人に見られそうで、ちょっと怖いのですが、こんな路地の土塀があったりして、その発見が珍しくて楽しい。表通りに出ないで中の ...

路地を歩く~一の宮住吉2丁目から楠乃2丁目あたり その4住宅街を抜けて

トンネルを通って元きた道を戻ります。2号線と先ほどのカラフルな元パチンコ屋さん。トラックがいっぱいありますが、今は車屋さんになっちゃたのかな。この道は長府トンネルまで中古車屋さんが多いですからね。 & ...

路地を歩く~一の宮住吉2丁目から楠乃2丁目あたり その3トンネルを越えるとそこは山だった

狭い路地を歩いて行くと国道号線にぶつかりました。ここで道は右の方へ行く道と、国道の下を通るトンネルとに分かれます。   振り返ると今感じです。方向によって路地の感じが違いますね。こうしてみる ...

路地を歩く~一の宮住吉2丁目から楠乃2丁目あたり その2船楠と住吉の真名井

住吉神社の方へ数歩歩いてくと路地があって小さな川が流れていました。その小川のほとりにはあじさいの花が咲いていました。この路地に入るとすぐ左に大きな楠が見えます。   すぐ後ろは高速道路です。 ...

路地を歩く~一の宮住吉2丁目から楠乃2丁目あたり その1一の宮住吉神社打下神社

一の宮住吉神社の末社、打下神社です。 国道2号線から中国自動車道の高架下を通り抜けてすぐのところ、右手に見えているのがこの鳥居です。撮っているのは私の車です。直進すると小学校の入り口があります。田倉方 ...

前田2丁目から貴船神社を歩く

野久留米街道を真っ直ぐ真っ直ぐ旧山陽道を行きます。道は9号線方向に曲がりますがそのまま山沿いの道を行きます。車がすれ違えないくらいに狭くなってきます。山の斜面に家が並んでいます。いったん貴船神社の前を ...

雪の残る萩往還をほんのちょっと歩いてきた。その4つららが下がっていた六軒茶屋跡

佐々並から山口までの間で家があったのはこのあたりだけで、旅人をその農家の軒先でもてなしたそうです。   復元された茶屋の前にある説明板。   復元だからか柱と屋根があるだけです。説 ...

雪の残る萩往還をほんのちょっと歩いてきた。その3雪深かった六軒茶屋跡あたり

県道を横切ります。正面には引き続き萩往還の道が見えています。   説明板がありました。萩往還は萩市から山口市を通って防府市までの53Kmの道だと書かれています。江戸時代に参勤交代によって萩と ...

Copyright© world where it disappears , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.