world where it disappears

下関私生活

*

太陽は白く輝いて

   

朝がめっきり涼しくなって、窓から入る風に震えて目が覚める今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか?。

半分呆れ果てながら、暑さに耐えて「いつまでこの暑さが続くのだろう」と、ぼんやりと考えていたのですが、寒さを感じると「暑かった夏にも終わりはあるんだな」と、暑さが名残惜しく思うようになってきます。勝手なものです。

さて、夏の高校野球で地元の下関国際高校が勝ち上がってきて、ただ地元というだけで最初は何の感慨もなかったのですが、次第に応援する気分になってきて、タイのMくんからも「地元は盛り上がっているんじゃないですか?」、というメールが来たこともあって、メールをやり取りしながら昨日はテレビで応援してました。

残念ながら逆転負けをしてしまったのだけれど、とてもいい試合だったと思います。「長州の情熱と赤と、関門海峡の青」のユニホームの色は目立ってた。息子が野球を頑張っていた頃は、野球部はなかったんじゃないかな。

「世界の終わりの世界録<アンコール> 1巻~10巻」細音啓(547~556/1000)アンコールというのは300年前の終焉戦争を戦った、「英勇エルライン」が残した記録。英勇になることを夢に世界中の騎士がアンコールを探す旅にでている。主人公の「レン」は外見はエルラインにそっくりなのだけど才能がないので偽英勇と呼ばれている。この「レン」がひょんなことで300年前、エルラインと一緒に終焉戦争と戦った3人の姫と知り合い、アンコールを探す旅の中で真の英勇となっていく物語。仲間を助け熱い想いと志を忘れずに精進すればいつか夢は叶う、という成功物語なのでストレスなしに読めます。ハッピーエンド。

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 1巻~3巻」渡航(557~559/1000)主人公は友達がいない高校2年生比企谷八幡は一人ぼっちでもひねくれていたのだけれど、教師平塚静によって強引に奉仕部に入部させられて、これまた一人ぼっちの部員雪ノ下雪乃とともに部活を通じてぼっち解消させられていきます。文章のリズムがちょっと合わなくて、面白いのだけどなかなか先に読み進みません。ぼっちの青春物としてはよく出来てるように思います。ぼちぼち読みます。

調べてみると、今年になって今日まで323冊ほど読んでました。「終わりのセラフ」に始まって今年は年柄もなくラノベが多いです。ま、読みやすいからね。夏のセールで本をたくさん買ったので、懲りずにまた積読本が増えてます。

では。

 - あまたの声五月雨のごとく, ぼくの読書法

ad




ad




  関連記事

雨の匂いとオリズルラン

  雨を見るのは好きです。 小学生から中学まで過ごした家は、窓を開ける …

おでんでむせる

  建物の外では小雨が降っていました。車までのわずかなのに肩や顔が濡れ …

カズオ・イシグロの「夜想曲集」
雨の休日にカズオ・イシグロの「夜想曲集」を読んでいます。

昨晩から雨と雷がまるで嵐のように吹き荒れています。 空も暗くて、これがずっと続く …

小倉競馬場へ行ってきた。

用事があって小倉南まで行ってきたので、小倉競馬場へ寄ってみました。いやあ、私はギ …

雪の残る萩往還をちょっとだけ歩いてきました。

萩往還六軒茶屋跡は雪で埋まってました。雨が降っていて木の上の雪が溶けて頭を直撃し …

no image
遠き友への便り

遠き友よりメールがあった。この友人のことは今まで2回書いたことがあるので、覚えて …

PCが修理から戻ってきたこととか

今朝は土砂降りの中出社しました。あたりは真っ暗で、雷もなってどうなることかと思い …

工事中だった九州道めかりパーキング

今日から急に寒くなりました。下関は三方海に囲まれていているので温暖なのですが、こ …

雪が降らないけど最初の予定通り家にこもっていた。

今日は雪の予報だったので、出かけないで家にこもってました。 でも、ちっとも雪は降 …

「ラインの蒲公英城と白い女」本間かおり

9/1000 「ラインの蒲公英城と白い女」本間かおり   「つねに社会 …