ぼくの読書法 こころの歌

絶景で演奏するイタリアの若い女性2人組 "Giolì & Assia"が素晴らしい。

投稿日:

Giolì & Assia | Free Listening on SoundCloud 。 ”Giolì & Assia”はイタリアのテクノ・デュオ。パーカッションの演奏そしているのが Gioli で歌っているのが Assia。 InstagramだけでなくSoundCloudやYouTubeでも聞けます 。バイオグラフィはこちら BIO & GALLERY - gioliandassia

YouTubeで公開される映像はどれもが息が詰まるほどの絶景の地で撮影されていて、ずっと見てても飽きません。もちろん特徴的なバンドパンの音色が耳に残る彼女らの演奏も聞き惚れます。

最近はは女子向けのラノベを何冊か読みました。女性の方のラノベのレビューサイトを読んでいる影響だったりします。当然ながらこの方の好みが私の好みと同じであるわけはないのですが、評価が良いのに良くなかったということがないので読書の参考にしています。
10060/1000「廃墟の片隅で春の詩を歌え 愚かなるドードー 」仲村つばき これは最初の設定からして面白くなりそうな予感がしました。男子向きのラノベだと戦いがメインになるところがならなくいので飽きることがありませんでした。理描写もうまい。2巻が出ているのでいずれ読みます。
1061/1000「竜と祭礼 ―魔法杖職人の見地から― 」筑紫一明 twitterのハッシュタグは「 #竜と祭礼」杖の修理のために竜の心臓を探す冒険の物語。物語全体に流れる場の雰囲気が好みでした。
1062-1065/1000「聖女の魔力は万能です 1巻~4巻 」橘由華 主人公の何事にも動じないところが物語を安心して読めるところです。はらはらどきどきしないところが健康的。とても楽しめました。

では。

-ぼくの読書法, こころの歌

Copyright© world where it disappears , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.