神社仏閣紀行

南方八幡宮

投稿日:2009/02/07 更新日:

南方八幡宮

宇部市西岐波にある南方八幡宮です。元々は阿知須の北方八幡宮と一つの神社だったようです。一の鳥居の左に駐車場があります。ここから参道を歩きます。

 

南方八幡宮

約100メートルもの長い参道が続いていて、やっと見えてきた二の鳥居です。

 

南方八幡宮

手水舎。

 

南方八幡宮

これは古そうです。拝殿前の狛犬です。これは右側。

 

南方八幡宮

これは左側の狛犬。

 

南方八幡宮

拝殿正面から。大きくて立派な感じがします。

 

南方八幡宮

孝謙天皇天平勝宝三年厚東武綱公豊前国宇佐八幡宮の御分霊を迎え社を建て賀保庄(現在の佐山より西岐波迄)の守り神としておまつりした。初めは古尾(東岐波)に奉斎したが天福元年大内十五世多々良弘貞朝臣の時南北に分ち南は吉沢に社を建て南の宮とし、北は須田村に分ちて北の宮とした。(現地の説明板御由緒書きによる)

 

南方八幡宮

拝殿の中です。

 

南方八幡宮

境内には土俵があります。

 

南方八幡宮

これは土俵の奉納記念碑。昭和61年1月吉日と書いてあります。

 

南方八幡宮

この樹におみくじを結ぶようです。木の形が丸っこくて珍しい、かわいい感じです。

 

南方八幡宮

お寺ではないのですが、境内には鐘楼がありました。

では。

(撮影日2009.01.23)


大きな地図で見る

-神社仏閣紀行
-, , ,

Copyright© world where it disappears , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.