産業遺産とか建築物とか

山口県旧県会議事堂 その1

投稿日:2009/08/29 更新日:

山口県旧県会議事堂 その1

山口市滝町にある山口県旧県会議事堂は現在県政資料館として公開されています。大正時代の建物で煉瓦造2階建です。詳しくはこちらから。

 

山口県旧県会議事堂 その1

県庁前の広い掘り割りには噴水が吹き上げ、橋を渡ると門の右に警備室があります。正面が旧庁舎、右の尖塔が見えるのが旧県会議事堂です。駐車場はいつも空いているので自由に止めて見学することができます。

 

山口県旧県会議事堂 その1

旧県会議事堂は中央屋根に、先端が半球形、下部を直方体とした塔屋が配されているところが特徴的です。竣工当時の玄関扉は、米国の近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトの影響をうかがえるような斬新なデザインでした。そして玄関ホールは、全体的にアーチで構成され、華やかな印象を与える空間になっています。(パンフレットによる)

 

山口県旧県会議事堂 その1

陰影に富んだ奥行きのある廊下の光景は美しく、人が佇むだけで絵になります。(パンフレットによる)

 

山口県旧県会議事堂 その1

山口県旧県会議事堂 その1

山口県旧県会議事堂 その1

続きます。

(撮影日2009.03.08)


大きな地図で見る

 

-産業遺産とか建築物とか
-, ,

Copyright© world where it disappears , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.