愛車で旅に行ってきた。

臼杵石仏と昭和レトロをめぐる旅 その15豊後高田昭和の町駅通り商店街

更新日:

豊後高田昭和の町

宇佐参宮タクシーのところを右に曲がると昭和の町駅通り商店街です。

 

豊後高田昭和の町

それなりに昭和ぽい店舗が左右にずらっと立ち並んでいます。多少手は入れられていても構えは昔とほとんど変わらないんでしょうね。

 

豊後高田昭和の町

大衆食堂。この料理の見本はどうなんだ。昔でもこんなのなかったような気がするぞ。食堂の文字のフォントだとか出窓みたいなところがレトロっぽいかな。

 

豊後高田昭和の町

これは昔風の看板。計算器って?。右は魚屋さん。地元の買い物客で賑わってました。

 

豊後高田昭和の町

こういう説明板が昔ながらのお店には建ててありました。まちかど博物館だそうです。

 

豊後高田昭和の町

無料休憩所。ちょと入りにくいかな。

 

豊後高田昭和の町

ここも写真が掲げられてました。こういうのはレトロっぽいというより、そう見せてるだけのような気がしないではありません。

 

豊後高田昭和の町

店の名前は「カフェ・バー」。カフェという店の名前そのものからがロマンですね。メニューの看板が珍しい。

 

豊後高田昭和の町

反対側からだとこんな感じです。テーブルが昭和のものですね。創業は平成7年ということです。昔なつかし昭和時代の給食を食べることができます。店頭のテーブルが昔の学校の机と椅子のイメージ。

 

豊後高田昭和の町

あげパンですよ。1個300円。

 

豊後高田昭和の町

店頭のメニューをみると最高の組み合わせは「コッペパンとミルメーク(コーヒーorココア)」630円です。ちょと高いような気がしますがどうでしょか。「みんな大好き鯨のカレーライス」は1575円。これは食べてみたかったですね!。

続きます。

(撮影日2009.12.22)

 

-愛車で旅に行ってきた。
-, , ,

Copyright© world where it disappears , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.