world where it disappears

下関私生活

*

Pとは?

      2018/01/04

Pの刺激。

Pと言えばP感覚。なのですがこれが分かる人がどれだけいるだろう。ではV感覚は?。そしてA感覚。こうして3つ並べると、なんとなくわかるかもしれない。

Pはペニス、Vはヴァギナ、Aはアナルです。

愛の美学。それも少年の。高校時代にこういう異端に傾倒して感じ取ろうとしたけど体験がなければ無理というものです。今の私のように死ぬ一歩手前まで来ても、いまだにそういう世界は開いてませんね。

「少年愛の美学」稲垣足穂。

A感覚がすべての源だそうだ。そうなのか?本当に?残念ながら痔に悩みつつある輩には縁がない感覚だろうね。アマゾンで調べたのだけどこの本は絶版のようで、古本しか見つかりません。電子書籍化もないだろうしね、もし読みたい人がいたら中古で探すしかないようです。

さて、このタイトルのPはP感覚ではなくてPUNKのPです。残念ながら、ペニスの刺激だったらエロスな小説になるのかもしれないけど、パンクと言って想像するのはパンクロックです。既存の世界への反抗、しいていえばサブカルチャーという意味なのかな?

PUNK

初期のパンクは様々な影響から生まれたもので、Jon Savage はこのサブカルチャーを、西洋で第二次世界大戦以後に存在したあらゆる若者文化を「安全ピンでまとめてとめた」ような「ブリコラージュ」だと称した。(ウィキペディア)

どこかの集団自殺、よくわからないけどモデルは人民寺院かもしれません。言葉の魔術による世界の反転があって、ドラッグによる世界の変容が描かれてます。サイキックTVの「テンプルの預言」を聞きながら読むと臨場感がでていいかも。(これも廃盤だけど。)

もっと詳しく描写してほしい所がすっ飛ばされていたり、意味不明な描写もあったりするので、(これはプロットの展開を急ぎすぎている感じがあります)もっとくだいてわかりやすく書き直して、そうですね、今の倍くらいの長さにしたら紙の本で出版にしてもいけると思います。感想といわれてもなんだかよくわからない、というのが実感です。おどろおどろしいところは私好みなんですけどね。

ぜひ。

 - ぼくの読書法

ad




ad




  関連記事

主人公以外はかわゆい女の子のお話。

96/1000「僕の文芸部にビッチがいるなんてありえない。1」赤福大和 97/1 …

自分だけじゃ足りないもの

寒い。とても冬らしい冬。テレビのニュースでは最高寒波の襲来と告げている。 雪は積 …

12月30日は何気なく普通の1日だった。

  12月30日、1年の終わりが近づいてくると、世間が意味もなくざわざ …

フューチャーログのもう一つのタスクは積読を減らすこと

積読本が増えるのは本を読まないからじゃなくて、読む以上に本を買っちゃうからですね …

寒いのでおでん材料の買い出しに行って、猥雑な本を読みふけった。

今朝は雪が舞ってました。寒いので晩御飯をおでんにすることにして買い物に出かけまし …

変わり者たちの物語、カポーティの「夜の樹」を読んだ。

25/1000 「夜の樹」トルーマン・カポーティ   彼女は、ハイ・ヒ …

グロテスクな恐怖

109/1000「B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる 」綾里 け …

青春のドラマ「ストロボライト」

20/1000 「ストロボライト」青山景   何かやってた。賑やか。吹 …

ミステリ小説を読む。

レジナルド・ヒルの「ベウラの頂」を図書館で借りてきました。 なぜなのかというとサ …

アンリミテッドの手前で。

  今日は終日雨が降りました。12月に入ったのに寒くなくて、帰宅時の気 …