world where it disappears

下関私生活

*

2013年よく聞いたアルバムその5 “In Concert”  by Dead Can Dance

      2015/05/10

“In Concert”  by Dead Can Dance

 

これは”Dead Can Dance”の2012年に行われた北米ツアーのライブを収めたアルバムです。実を言うとしばらく前までデビューアルバムしかもっていませんでした。それも学生時代に買ったLPレコードなので、プレーヤーを持ってなくて今では聞けないのです。音も覚えてなくて、ゴス(ゴシック・ロック)やってるんだね、くらいの印象しか残ってませんでした。

 

 

それが今から4~5年前のことです。

メンバーのリサ・ジェラルドがクラウス・シュルツとコラボしているアルバムを聞いて、これはなんだと。そこからです、溯ってデッド・カン・ダンスの音楽を聞き始めました。

クラウス・シュルツのアルバムはドイツからの輸入盤で買った1972年の “Irrlicht” 以来、惰性だろうがなんだろうが、ずっと買い続けています。”Mirage”以降はどれを聞いても似たようなものなのだけれど、これにはひさしぶりに驚き、感動しました。シュルツの曲はヴォーカル入りだと受ける印象が全く違うんですね。リサの歌い方も曲にマッチしてよかったんだろうけど。

ホールの残響の関係なのか、音は多少こもった感じですね。そのことがかえってよりダークなデッド・カン・ダンスらしさを出してます。実にいい感じの響きになっています。全部で16曲あるうちの半分の8曲が前のアルバム “Anastasis” からの曲になっています。

では。

 - こころの歌

ad




ad




  関連記事

2013年よく聞いたアルバム。その6 “Creator Spiritus” by “Christopher Bowers-Broadbent, Theatre of Voices”

“Creator Spiritus” by &#8220 …

魚離れ、車離れ、テレビ離れ、音楽離れ。

最近若者の魚離れがはなはだしいといわれてますが、テレビで言うにはファストフィッシ …

山陰の城と妖怪と銀山をめぐる旅その3春らしい歌声ブロッサム・ディアリー

今回の旅行では、2日間連続で長時間歩きました。今日になってみるとふくらはぎがパン …

なまぬるい梅雨に刺激的なメシアンを聞く

ニュースによると今日梅雨入りしたそうです。とたんに湿度が高くなって、昨日から一転 …

no image
カーナビの修理などなど。

先ほど、連続してくしゃみが4回ほど出ました。これは誰か悪い噂をしてるな、と思うま …

Rhye ”Woman”

Rhye(ライ)の Woman(ウーマン) Rhye – Open  …

no image
エリック・サティの音楽と新井満の短篇集

エリック・サティを知ったのは阿木譲の「ロック・マガジン」誌上。クラシックに疎いの …

私が2番めによく聞いたアルバムのアーチストの新しいアルバム。

疾走感が少し失われたような気がします。それが彼らが老けたせいなのか、フランツ・フ …

2013年よく聞いたアルバムその4 “Long Way to Fall” by Ulrich Schnauss

“Long Way to Fall” by Ulrich …

FFS au festival Rock en Seine 2015をストリーミングで

ロック2015年8月28日2016年2月27日まで利用可能に   今朝 …