world where it disappears

下関私生活

*

2013年よく聞いたアルバム。その6 “Creator Spiritus” by “Christopher Bowers-Broadbent, Theatre of Voices”

      2015/03/01

“Creator Spiritus” by “Christopher Bowers-Broadbent, Theatre of Voices”

私にとってペルトは特別。中でも合唱曲はさらに特別なもの。

これは今年発売のアルバムではありませんが、気がついたのが今年だったということで、今年になって購入しました。ご存知のようにアルヴァ・ペルトはエストニアの現代音楽の作曲家です。現代音楽といっても何も難しくありません。作曲の技法とか歴史とか突き詰めれば難しいのでしょうが、難しく聞くことはありません。メシアンやクセナキスに比べても素直に音に入っていけます。日常生活でストレスを感じてリラックスするときとか、じっくり何かについて考えたい時とかに聞いています。

この何年か前ペルトがブームの時があって、その頃は彼の音楽は「静謐」という言葉で表現されていたのだけど、そのブームも収まって、聞く人は静かに聞いている感じになっています。いろんな人でいろんな録音が出てきてますが、今はどういう表現で言われているのでしょうか。静かで宗教的だとは思うけど、癒やしのために聞くだけの音楽とは思えません。かなりリズムの変化する激しい音楽もあるし、静かすぎて退屈で眠たくなる音楽もありますからね。

どれもがその時の感情にそったものではないけれど、邪魔にはならないと思います。

では。

 - こころの歌 ,

ad




ad




  関連記事

no image
David Guetta “Nothing But the Beat”

ちょっとめげることがあって、元気が出ない。 対応としては考えることはなくて、選択 …

ひまわりを見に行けなくて、Netflixを見て過ごした昨日。新しいBlack Tape For A Blue Girl の曲を聞いた今日。

一昨日の夜、土砂降りで2重サッシの窓を閉めていても雨の音がうるさくて目が覚めて睡 …

2012年、今年よく聞いたアルバムはこれだ!”Cut The World”

  Antony & The Johnsons “ …

2013年よく聞いたアルバムその3 “The Island Come True” by L.Pierre

“The Island Come True” by L. …

2013年よく聞いたアルバムその2 “The North Borders” by Bonobo

“The North Borders” by Bonob …

no image
ピーピーピー

ピーター・バラカンがポッドキャストでマーカス・ミラーのことを言っていたその動画で …

事の終わりと”Cut The World”

阿木 譲 a perfect day | you’re going …

私が2番めによく聞いたアルバムのアーチストの新しいアルバム。

疾走感が少し失われたような気がします。それが彼らが老けたせいなのか、フランツ・フ …

今、久しぶりの Black Tape For A Blue Girl

Projektから”Black Tape For A Blue Gi …

初雪と旅と食べ物と。

その丸顔の女性の手を取って、久しぶり!とはしゃぎながら抱きついた。彼女も喜んで、 …