world where it disappears

下関私生活

*

華麗で優美な幻想小説

      2017/12/16

70/1000 「茜の帳」直塚万季

 

稲穂の中から一顆の澄んだ玉がまろび出たと見るや、玉は真っ白な烏となって夜空を羽ばたいた。羽ばたきながらくっきりと、玲瓏たる美童の姿と化して初冬の天地を冴え渡らせ、さらに羽ばたいてはまた純白の鳥となり、連なる樹々の彼方、綺羅星のあいだに掻き消えたのだった。わたしは透き徹りそうな心地だった。

これは幻想小説「茜の帳」とブログからの祐徳稲荷神社の萬子媛に関するエントリーの抜粋。萬子媛の小説が上梓されたら買うので村上春樹になぞ関わらず早く書き上げてほしい。

この本は2013年9月3日に無料キャペーンで買ったのだけど、今見ると引き上げられて売られてなかった。これは「直塚万季 幻想短篇集」に収めたからということでいいのかな。

マダムNのブログを読んでいると心臓とか尿道結石とか生きているのが大変そう。普段から自分の肉体を意識しているからだこその「神秘主義」なのかも。ともかくもこれは実体験に基づいている小説ということです。

幻想小説と言うとファンタジー大作を思い浮かべるけども、これは掌編なので幻視した程度。いずれ「直塚万季 幻想短篇集」も読むつもりでダウンロードはしている。

昭和初期の小説のように文章は華麗で優美。難しい言葉もあって真面目な雰囲気。ブログも真面目。

マダムNの覚書

「直塚万季 幻想短篇集(1)」は買えば306円。

 

 - ぼくの読書法

ad




ad




  関連記事

朝の読書は危険、遅刻する。

  今日は3ヶ月に1度の小倉行きの日でした。奥さんの病院の付添ね。 寒 …

S-Fマガジン 1972年3月号について

今でも出続けているSFマガジン。「S」と「F」の間にハイフンが入っているのに、今 …

幽霊が成仏できないのは理由があった。

58/1000「リンドウにさよならを」三田 千恵 幽霊なんだけど、幽霊のはずが穂 …

暗殺者の心の内にあるもの

127/1000 「天になき星々の群れ フリーダの世界」長谷 敏司   …

本の町の殺人

13/1000 「本の町の殺人」ローナ・バレット   レギュラーコーヒ …

no image
Windows8.1の再インストールと「安部公房とわたし」を読んだ話

家も会社もノートPCはシャットダウンしないでスリープで置いています。立ち上がるの …

それでも元気に生きていく!。

50/1000 「二度めの夏、二度と会えない君」赤城大空   燐がずっ …

この夏は本ばかり読んでいる。

  121/1000「特等添乗員αの難事件 I 」松岡圭祐 安定の松岡 …

生きててよかった、広瀬正が読めるぞ!。

本棚にあるはずなので探したのだけど、この一冊しか見つからなかったので。「タイムマ …

no image
久しぶりにPayPalを使ってみよう。

朝、会社に行ったら、どこからか「おはようございます」と声が。何度も何度も聞こえて …