world where it disappears

下関私生活

*

キラキラ女子の過去を探す物語

      2017/12/16

69/1000「アンドゥ・ラヴ: あの日のわたしを離さないで 」桜井亜美

 

過去があるから今や未来がある。なのに、その過去が記憶とまったく違うものなら、アヤジにどんな想いをぶつければいいのかもう分からなかった。  あたしは・・・一体、誰?

前半のキラキラ感、これは現役の中学生が書いたかのような現実感があって、期待と希望が溢れているいる。後半は一転してモノクロの世界。大人になって、とは言っても若いのだけど、若さゆえの未来へ対する絶望感で溢れている。前半部分だけで物語を仕上げてもいいくらい。

タイトルの「アンドゥ」がキーワード。人生をリセットしたいと思う人は多いだろうけど、これは忘れたくない、キラキラした時代をアンドゥしたくなるのもわかるような気がする。

親の束縛を逃れようとして地味で目立たない優等生を演じていた主人公レン。同じようにクラスの仲間に溶け込めない男子アヤジと親しくなったのだけど、親しくなってすぐに転校していってしまう。アヤジに会いに行くためには10万という大金が必要。キラキラと輝く金回りのいい同級生モエミと友だちになって、どうにかしてお金を稼ごうとするのだけど、モエミの居場所は大人のレンにとっては未知の世界だった。というのが話の前半。

視点を変えて見ると物語の違う側面が見えてきます。金回りのいい大人がなぜ金回りがいいのか?。なぜ女子中学生に固執するのか?。

 

kindle unlimited 買えば614円。

 - ぼくの読書法

  関連記事

旅に恋して世界を巡る女性のお話を読んだ。

57/1000 「恋する旅女、世界をゆく (1) 魅惑のインドネシア・マレーシア …

究極のラブストーリー。

105/1000「ボヘミアンガラス・ストリート 第1部 発熱少年」 平井和正 & …

吹奏楽の神様からの手紙

115/1000「吹奏楽の神様からの手紙」有星まかろん 吹奏楽部って女子が多いよ …

なつかしの子供たちの生活が思い出される物語

55/1000 「あひる」今村夏子 今村夏子は太宰治賞と三島由紀夫賞を受けた作家 …

セミが鳴かない夏の終わりに。

2/1000 「残虐器官」伊藤計劃   「……ヒトの脳にはあらかじめ残 …

愛車が5年目の車検を迎えたので車屋さんに行ってきた。

16/1000 「赤い靴」秋元カズヤ   雨が続いてます。気のせいかと …

電子書籍がないので読めない百田尚樹の紹介本

107/1000「百田尚樹読本」百田尚樹 今日まで百田尚樹を読んだことはありませ …

仕事は楽しいかねってきかれたら、もちろんと答えることにしてる。

  21/1000 「仕事は楽しいかね?」 デイル・ドーテン アイデア …

キンリミ始めたよ。

10/1000 「シスター」ロザムンド・ラプトン   自分勝手だとほと …

華麗で優美な幻想小説

70/1000 「茜の帳」直塚万季   稲穂の中から一顆の澄んだ玉がま …