world where it disappears

下関私生活

*

究極のラブストーリー。

   

105/1000「ボヘミアンガラス・ストリート 第1部 発熱少年」 平井和正

 

2014年に亡くなった平井和正の書いたラブストーリー。彼の書く物語は全部がラブストーリーといえばラブストリー。愛が溢れているからね。この本で平井和正を知る人には理解し難いところもありそう。暴力と残虐性とで溢れているからね。

主人公は大上円。29日周期で発熱する。42度の高熱で意識が歪んだ中、ゾクに囲まれ絡まれていた美少女の百合川蛍に出会う。

平井和正が物語る主人公は常にストイックである。それはこの物語でも変わらない。いらいらする。先に進まない。それは持てる力を抑えるためのなだけど、そのストイックさが回りを巻き込んで物事を変えていく。

物語の場所はウィング・シティでボヘミアンガラスをモチーフにした「ボヘミアンガラス・ストリート」という地下街がある。タイトルは場所を示しているだけなのだけれど、象徴的な意味を持っている。華やかで幻想的なのだけど繊細で壊れやすいといったような。

まだ1巻目なのでこれは序章にすぎません。なぜ蛍は高熱を出したのか、その後でなぜ細い金色の毛が背中にはえて、抜け落ちたのか?。蛍は今からどうなっていくのか。蛍の友人の小雪との仲はどう進むのか?。円と同様に力を持つ姉妹はどうからんでくるのか。

円はどのように蛍を愛するのか?。

まだ先は長い。

kindleで540円。kindle unlimited で読めます。

 - ぼくの読書法

  関連記事

そういえばもう何年も手紙を書いてない。

  秋も深まり、肌寒さを感じる今日この頃、みなさんどうお過ごしでしょう …

寝ながら読んだ構造主義の本

110/1000「寝ながら学べる構造主義」 内田樹   マルクス、サル …

清永安雄の「美しい日本のふるさと 九州・沖縄編」を読む。

清永安雄の「美しい日本のふるさと 九州・沖縄編」を読みました。   昨 …

自分のことにさえ無関心な人々

60/1000 「無関心な人びと」アルベルト・モラヴィア モラヴィアの処女作にし …

キラキラ女子の過去を探す物語

69/1000「アンドゥ・ラヴ: あの日のわたしを離さないで 」桜井亜美 &nb …

映画を見る前にファウルズの魔術師について

  昨日、「DVD買ったよ!」と書いた「怪奇と幻想の島」ですが、原作の …

コーヒー一杯の幸せってあったね。

19/1000「コーヒー一杯分のエッセイ:月刊はあちゅう2015年10月号」はあ …

kindle で幸せな生活を過ごすということ

結局またHuluの契約をやめてしまいました。 もう一度見る気になったんですけどね …

1年で120冊の本を読みました。

118/1000「死んでも死んでも死んでも死んでも好きになると彼女は言った」斧名 …

アンリミテッドの手前で。

  今日は終日雨が降りました。12月に入ったのに寒くなくて、帰宅時の気 …