world where it disappears

下関私生活

*

究極のラブストーリー。

   

105/1000「ボヘミアンガラス・ストリート 第1部 発熱少年」 平井和正

 

2014年に亡くなった平井和正の書いたラブストーリー。彼の書く物語は全部がラブストーリーといえばラブストリー。愛が溢れているからね。この本で平井和正を知る人には理解し難いところもありそう。暴力と残虐性とで溢れているからね。

主人公は大上円。29日周期で発熱する。42度の高熱で意識が歪んだ中、ゾクに囲まれ絡まれていた美少女の百合川蛍に出会う。

平井和正が物語る主人公は常にストイックである。それはこの物語でも変わらない。いらいらする。先に進まない。それは持てる力を抑えるためのなだけど、そのストイックさが回りを巻き込んで物事を変えていく。

物語の場所はウィング・シティでボヘミアンガラスをモチーフにした「ボヘミアンガラス・ストリート」という地下街がある。タイトルは場所を示しているだけなのだけれど、象徴的な意味を持っている。華やかで幻想的なのだけど繊細で壊れやすいといったような。

まだ1巻目なのでこれは序章にすぎません。なぜ蛍は高熱を出したのか、その後でなぜ細い金色の毛が背中にはえて、抜け落ちたのか?。蛍は今からどうなっていくのか。蛍の友人の小雪との仲はどう進むのか?。円と同様に力を持つ姉妹はどうからんでくるのか。

円はどのように蛍を愛するのか?。

まだ先は長い。

kindleで540円。kindle unlimited で読めます。

 - ぼくの読書法

  関連記事

戦いと愛の物語

「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? 1巻、2巻、 …

夏はエアコンの下で読書三昧。

先日も書いたように、左肩の五十肩がやっとの事でよくなったのだけど、右肩は悪化して …

市役所の監察部の女がセクハラ小心男と戦う話

113/1000 「悦楽の代償」冴島学 夫を亡くし、派遣で市役所の受付コンセルジ …

no image
電子書籍も積ん読状態になってきたぞ。

先日、夢シティでテナントさんのおはぎがセールで半額だったので、きな粉おはぎと、普 …

風が冷たい冬の日に思い出した事。

  服の下に赤い色が透けて見える。ぼーとしてた。寝間着の上にシャツを着 …

この世界の片隅に

呉市美術館のこの世界の片隅に展のリーフレット。 34/10000,35/1000 …

仕事と遊びが楽しければ確かに人生は楽しい。

29/1000「永江一石のネットが面白くてナニが悪い」永江一石   仕 …

イチョウ葉茶は友だち。

6/1000 「ネットカフェにも朝は来る」平野厚 7/1000 「水底のネクトン …

どんな時も、人生には、意味がある。

寝正月です。 実際には寝てばかりではないのだけど、一日中家にいたので、これは寝正 …

70歳まであといくつ

起床3時。パソコンを開いてサイボウズにリモートアクセス。作業終了メールを確認し、 …