world where it disappears

下関私生活

*

電子書籍がないので読めない百田尚樹の紹介本

   

107/1000「百田尚樹読本」百田尚樹

今日まで百田尚樹を読んだことはありません。とはいっても著者の事を知らなくても本は読めるし、知らないほうが先入観なく読めていいかもしれません。ベストセラー作家なので名前や書いた本のタイトルくらいは知っていますけどそれだけです。

そういえば何年か前「海賊とよばれた男」の朗読をラジオで聞いていました。今ではすっかり忘れてしまったのでやはり小説は朗読を聞くより読んだほうが記憶に残る気がします。

この本には新しい連載の最初の部分が転載されています。新作の映画が出た時に旧作をテレビ放映するといったような感じかな。だったら無料でいいのにと思うのは早計です。

この本の中では色々感じるところはあって「僕を奮い立たせた本、映画、そして音楽」という章で紹介されている本や映画、音楽をあげてみると

伝記「ベーブ・ルース」、フランクル「夜と霧」、井上靖「敦煌」、ヴォネガット「スローターハウス5」、カポーティー「冷血」。フランクルとヴォネガットを挙げているあたりは同年代という感じがしないではありません。

映画はさすがにこれは古いだろうと思います。私はこのあたりの映画は同時代で見てませんね。「七人の侍」「生きる」「或る夜の出来事」「シェーン」「逢い引き」だもの。彼はどこで見たのでしょうか?。

音楽はベートーベン「第三交響曲」、ベルリオーズ「幻想交響曲」ヴァーグナー「ワルキューレ」、バッハ「ゴルトベルク交響曲」と結構スノッブな印象を受けます。クラシックはあまり好きではないのかも。でもなんとなく同時代を過ごしてきた感じはしますね。

「海賊とよばれた男」も「永遠のゼロ」も小説は電子書籍にないので私には読めませんが、予断なしに読んでみようかなという気分にはさせられます。

kindleで199円。

 

 - ぼくの読書法

  関連記事

変わり者たちの物語、カポーティの「夜の樹」を読んだ。

25/1000 「夜の樹」トルーマン・カポーティ   彼女は、ハイ・ヒ …

12月30日は何気なく普通の1日だった。

  12月30日、1年の終わりが近づいてくると、世間が意味もなくざわざ …

人の心を定義できるのか?。ホームズ役は引きこもりの情報系女子。

32/1000「情報系女子またたびさんの事件ログ 」日野イズム 33/1000「 …

仕事は楽しいかねってきかれたら、もちろんと答えることにしてる。

  21/1000 「仕事は楽しいかね?」 デイル・ドーテン アイデア …

藤本泉は今どこで何をしているのだろう。

  藤本泉が電子書籍になっていた。 今日のこと気がついてびっくりしまし …

「かけら」は集めてもかけら、だよね。

28/1000 「夏のかけら」幸田玲   達也は勧められるまま、ダイニ …

「ラインの蒲公英城と白い女」本間かおり

9/1000 「ラインの蒲公英城と白い女」本間かおり   「つねに社会 …

自分のことにさえ無関心な人々

60/1000 「無関心な人びと」アルベルト・モラヴィア モラヴィアの処女作にし …

no image
元旦だけど食料の買い出しに行って、読書した。

明けましておめでとうございます。 昨日はじゃんじゃん雪が降って、風も強くて、どう …

みさちゃんのこと
みさちゃんのこと

この本はJOJO広重のブログをまとめたものです。 アマゾンで買えないので、ずっと …