world where it disappears

下関私生活

*

電子書籍がないので読めない百田尚樹の紹介本

   

107/1000「百田尚樹読本」百田尚樹

今日まで百田尚樹を読んだことはありません。とはいっても著者の事を知らなくても本は読めるし、知らないほうが先入観なく読めていいかもしれません。ベストセラー作家なので名前や書いた本のタイトルくらいは知っていますけどそれだけです。

そういえば何年か前「海賊とよばれた男」の朗読をラジオで聞いていました。今ではすっかり忘れてしまったのでやはり小説は朗読を聞くより読んだほうが記憶に残る気がします。

この本には新しい連載の最初の部分が転載されています。新作の映画が出た時に旧作をテレビ放映するといったような感じかな。だったら無料でいいのにと思うのは早計です。

この本の中では色々感じるところはあって「僕を奮い立たせた本、映画、そして音楽」という章で紹介されている本や映画、音楽をあげてみると

伝記「ベーブ・ルース」、フランクル「夜と霧」、井上靖「敦煌」、ヴォネガット「スローターハウス5」、カポーティー「冷血」。フランクルとヴォネガットを挙げているあたりは同年代という感じがしないではありません。

映画はさすがにこれは古いだろうと思います。私はこのあたりの映画は同時代で見てませんね。「七人の侍」「生きる」「或る夜の出来事」「シェーン」「逢い引き」だもの。彼はどこで見たのでしょうか?。

音楽はベートーベン「第三交響曲」、ベルリオーズ「幻想交響曲」ヴァーグナー「ワルキューレ」、バッハ「ゴルトベルク交響曲」と結構スノッブな印象を受けます。クラシックはあまり好きではないのかも。でもなんとなく同時代を過ごしてきた感じはしますね。

「海賊とよばれた男」も「永遠のゼロ」も小説は電子書籍にないので私には読めませんが、予断なしに読んでみようかなという気分にはさせられます。

kindleで199円。

 

 - ぼくの読書法

ad




ad




  関連記事

何事にも理由がある。

51/1000 「理由(わけ)あって冬に出る 市立高校シリーズ 」似鳥 鶏 男子 …

世界最高の日本文学

88/1000「世界最高の日本文学~こんなにすごい小説があった~ 」許 光俊 世 …

フューチャーログのもう一つのタスクは積読を減らすこと

積読本が増えるのは本を読まないからじゃなくて、読む以上に本を買っちゃうからですね …

そういえばもう何年も手紙を書いてない。

  秋も深まり、肌寒さを感じる今日この頃、みなさんどうお過ごしでしょう …

病院は病人だらけでした。

  15/1000 「世界を一人で歩いてみた」眞鍋かをり   …

no image
エリック・サティの音楽と新井満の短篇集

エリック・サティを知ったのは阿木譲の「ロック・マガジン」誌上。クラシックに疎いの …

脱水少女他最近読んだ本について

  北朝鮮のミサイルも台風18号も気にせず仕事に打ち込む今日この頃です …

精神科医は言葉を観察する。

47/1000 「罪 万華鏡」佐々木丸美 これは4つの連作からなる短編集。犯罪者 …

願いは希望、現代の童話を読んだ。

111/1000「星に(なって)願いを」伊藤なむあひ   これは現代の …

no image
本が読めないのを老眼が進んだせいにしてみた。

今年の反省。今年は本をあまり読めなかった。せいぜい10冊といったところ。月1冊よ …