world where it disappears

下関私生活

*

暗殺者の心の内にあるもの

      2017/09/11

127/1000 「天になき星々の群れ フリーダの世界」長谷 敏司

 

「誰の時間だって、いつか終わりますよ。でも、それが犬死にかを決めるのは、フリーダさんじゃありません」  アリスが迷いもなく、言い切った。 「あなたは、それでいいの? ここで私に撃たれて終わって、それで満足なの?」 「イヤに決まってます。でも、わたしは、大切な友だちだと思った人を、信じられました」

生まれながらにして暗殺者のフリーダは暗殺のために潜入した惑星レジャイナでアリスとであう。任務を完了したと思ったまさにその時、思いがけなく海賊の襲撃にあう。ここからが本番。海賊と戦うために住人とアリスは地下道を通って武器のある丘の上を目指す。

結構ハードなSF。

現実の問題としてもありうる話。戦争反対を訴えてる人達が、いざ敵に殺されそうになった時に、戦争反対だと言いながら死んでいくのか?。

純粋な正義感で戦いたくないというアリスに、それまで戦うことが生きることだったフリーダに何かをもたらす。どちらに感情移入するかといえばフリーダかな。

最近のSFはあまり読んでいないので「長谷敏司」を読むのは初めて。ライトノベル作家で『円環少女』が代表作ということです。

kindleで。540円。

 

 - ぼくの読書法

  関連記事

ハードコアラブストーリーまたは大人エンタメテロ

61/1000 「犯罪特区COLD BRAIN」奏ちよこ   極端に言 …

アイデアプロフェッサーとしてWorkFlowyを使う。

14/1000 「クラウド時代の思考ツールWorkFlowy入門」彩郎 &nbs …

寝ながら読んだ構造主義の本

110/1000「寝ながら学べる構造主義」 内田樹   マルクス、サル …

自分のことにさえ無関心な人々

59/1000 「無関心な人びと」アルベルト・モラヴィア モラヴィアの処女作にし …

人の心を定義できるのか?。ホームズ役は引きこもりの情報系女子。

32/1000「情報系女子またたびさんの事件ログ 」日野イズム 33/1000「 …

この夏は本ばかり読んでいる。

  121/1000「特等添乗員αの難事件 I 」松岡圭祐 安定の松岡 …

グロテスクな恐怖

109/1000「B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる 」綾里 け …

超リアルな、出会い系サイトの仕事の話。

108/1000「出会い系サイトの裏事情 ~僕がサクラで女になる日」藤真C佳 & …

レビューの書き方

90/1000「レビューの書き方」月狂四郎 実のところ、レビューを書くのは得意じ …

群れない人は信用できる。「ひとりぼっちを笑うな」蛭子能収

3/1000 「ひとりぼっちを笑うな」蛭子能収   それは、ひとりぼっ …