こころの歌

ねんりん家のバウムクーヘンを食べてストコフスキーを聞いた。

投稿日:

休日の朝、 3時起床。室温20.8度。湿度75%。

生ゴミを出して、戻ってきてからシャワー。湯の温度は41度。熱めが好きなのだけど暖かくなってきたので低めの設定です。

コーヒーを飲みながらいただきものの「ねんりん家」のバウムクーヘンを食べました。美味しかったので2切れ。

PCで久しぶりにストコフスキーを聞こうと思ってiTunesを開くとビットレートが128kbps だったので、360kbpsで再リッピングすることにしました。最初の頃はほとんど 128kbpsでmp3化してるので全部リッピングし直すと相当な時間がかかります。

ストコフスキーは古い録音で、CDそのものがいい音ではないのでビットレートをあげる意味はないかもしれません。

10枚のうち6枚リッピングしたところで、病院に出かける時間になったので、残りは帰ってからゆっくり作業をすることにしました。

では。

-こころの歌

Copyright© world where it disappears , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.