world where it disappears

下関私生活

*

あなたと記憶に残したい打ち上げ花火。

      2017/03/07

58/1000 「あの夏、最後に見た打ち上げ花火は」助供珠樹

しかし若者が興味を示す場所なんて本当に何もない町だった。コンビニは車で三〇分ほど行かなきゃ存在しない。最寄りのスーパー兼雑貨屋は夜七時で閉店してしまう。  何もない町でがっかりしていないだろうかと、そんな余計な不安が脳裏をよぎってしまった。

何もない町に突然現れた謎の少女を巡る青春ものがたり。これは一応SFの体裁を取っているけれどSFぽいだけ。どこかで聞いたようなタイトルにどこかで聞いたようなシチュエーション。どこかで聞いたような結末。

花火がでてくるところの情景は想像するにとてもきれい。

美しい謎の少女と夏と花火。青春の物語として読めば楽しいです。表紙のイラストもきれい。

kindle unlimited 買えば637円。読むならunlimitedで。

 

 - 5年で1000冊読むぞプロジェクト

  関連記事

生きててよかった。新作が読める。

62/1000「イマガワ血風録~セルパブ戦記~」忌川タツヤ 63/1000「イマ …

インドの貧困地帯で売春する女性の物語を読んだ。

37/1000 「裸足のシャーミカ:スリランカの物乞い娼婦のこと」鈴木傾城 38 …

世界は両手の間からこぼれ落ちていく

12/1000 「世界を知る6つの特別講義」大前研一   奥さんから会 …

5年で1000冊読むぞプロジェクトをはじめました。1冊目は遠藤ひつじ「神々の読む娯楽書」。

1/1000「神々の読む娯楽書」遠藤ヒツジ   犠牲羊は今日が運命の日 …

運命と共に生きる明るい女性の物語

83/1000「KI・RI・E ~はじまりは夏のおわりから~」吉田裕美 &nbs …

イチョウ葉茶は友だち。

6/1000 「ネットカフェにも朝は来る」平野厚 7/1000 「水底のネクトン …

市役所の監察部の女がセクハラ小心男と戦う話

113/1000 「悦楽の代償」冴島学 夫を亡くし、派遣で市役所の受付コンセルジ …

自分のことにさえ無関心な人々

59/1000 「無関心な人びと」アルベルト・モラヴィア モラヴィアの処女作にし …

胃が痛くなりそうな時、私は神の実コーヒーを飲む。

5/1000 「僕のセイシュンの三、四日」 藍田うめる   僕の目がカ …

人の心を定義できるのか?。ホームズ役は引きこもりの情報系女子。

32/1000「情報系女子またたびさんの事件ログ 」日野イズム 33/1000「 …