「言葉に寄せて」 一覧

梅峰の飛瀑

山口十境の詩その9梅峰の飛瀑(ばいほうのひばく)

山口十境詩のうちの1ヶ所。県庁の裏山の五十鈴川砂防堰堤の横にあります。   北庁舎の前の道をまっすぐ行くと、県庁の裏は結構けわしい山になっていて、少々きつい道を登っていくと、5分ほどで着きま ...

猿林の暁月(えんりんのきょうげつ)

山口十境の詩その5猿林の暁月(えんりんのきょうげつ)

古熊神社境内にある「猿林の暁月」の詩碑です。   これは趙秩が詠んだ「山口十境詩」のひとつです。 曙色(しょしょく)、初めて分かなり 天(てん)の霜(しも)をして雨らしむる、と 凄々(せいせ ...

氷上に暑を滌く(ひかみにしょをさく)

山口十境の詩その2氷上に暑を滌く(ひかみにしょをさく)

氷上の興隆寺梵鐘横にある、山口十境詩「氷上に暑を滌く」の詩碑です。   氷上滌暑 光凝山罅銀千疊 寒色淸人絶欝蒸 異國更無河朔飮 煩襟毎憶玉稜層 光は山罅(さんか)に凝(こ)れり、銀千畳(ぎ ...

「南明秋興」(なんめいのしゅうこう)

山口十境の詩その3「南明の秋興」(なんめいのしゅうこう)

大内の乗福寺内にある「南明秋興」の詩碑です。「日本を訪れた明使趙秩は、文中元(1372)年冬から翌年10月にかけて山口を訪れ、その景観を十境として漢詩に詠みこみました。現在も当時の景観をしのぶことがで ...

山頭火句碑(鍛冶畑川治水緑地公園)

山頭火句碑(鍛冶畑川治水緑地公園) ふるさと小郡たずねある記100選その35

柳があって 柳屋というすずしい風 山頭火   新町西の鍛冶畑川治水緑地公園にある山頭火句碑です。   昭和8年7月14日、山頭火が美祢・大田の句友伊東敬治を訪ねたとよんだもの。「柳 ...

山頭火句碑(山口市小郡文化資料館)

山頭火句碑(山口市小郡文化資料館)

山口市小郡文化資料館。道路工事の途中なのでこんな状態です。道路が出来上がったらマーライオンの像の手前までが道路になります。山口市小郡文化資料館   河内山賢祐(こうちやまけんすけ)の彫刻が飾 ...

山頭火其中庵案内板

山頭火其中庵案内板

総合支所駐車場にある其中庵の案内板です。ここから其中庵までの間、数カ所にこういった案内板が取り付けられています。   他にもあるかもしれません。 (撮影日2009.05.24)

山頭火句碑(蓮光寺)

山頭火句碑(蓮光寺)

「正月三日お寺の方へぶらぶら歩く 山頭火」   山口市小郡矢足にある連光寺境内の山頭火句碑です。句碑のつくりは東津の正福寺、新町東上の海善寺と同じようですね。同じ時に建てられたもののようです ...

Copyright© world where it disappears , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.