神社仏閣紀行

セミの鳴き声であふれる宮尾八幡宮に行ってきた。その2

投稿日:2013/07/23 更新日:

セミの鳴き声であふれる宮尾八幡宮に行ってきた。

昨日の続きです。相変わらず暑いです。汗が滴り落ちます。参道の入口で百日紅が咲いていました。夏にふさわしい花です。

 

セミの鳴き声であふれる宮尾八幡宮に行ってきた。

セミになかれながら参道を行くと三の鳥居が見えてきます。左には保護くすのきが4本。説明板は昔の楠木町のままになってますが、今は宇部市。

 

セミの鳴き声であふれる宮尾八幡宮に行ってきた。

拝殿。三の鳥居の下から3対の狛犬が並んでます。この写真で見えているのは2つ目です。

 

セミの鳴き声であふれる宮尾八幡宮に行ってきた。

手水舎。見づらいけどここも龍の口から水がちょろちょろと出てます。

 

セミの鳴き声であふれる宮尾八幡宮に行ってきた。

本殿に近いところの狛犬。右側。松の木に隠れてよく見えませんが子持ち狛犬です。

 

セミの鳴き声であふれる宮尾八幡宮に行ってきた。

左側。玉に手を載せてます。

 

セミの鳴き声であふれる宮尾八幡宮に行ってきた。

社号額。

 

セミの鳴き声であふれる宮尾八幡宮に行ってきた。

本殿正面です。

 

セミの鳴き声であふれる宮尾八幡宮に行ってきた。

本殿内部右の絵。左から二番目の絵は結婚式のようです。どの絵にも人がたくさんいる様子が描かれてます。

 

セミの鳴き声であふれる宮尾八幡宮に行ってきた。

箱のなかには由緒書きがありました。1枚いただいてきました。向こうの箱のなかには「こころの玉手箱」という冊子が入ってました。

続きます。

-神社仏閣紀行
-, , ,

Copyright© world where it disappears , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.