愛車で旅に行ってきた。

中南米と姫路城を訪ねる旅 その2ジャガーや鳥たちと古代の人々

投稿日:

中南米と姫路城を訪ねる旅

これはチャックモールのレプリカ。生け贄の心臓を捧げるらしいです。展示室のど真ん中にあって、大きく目立ちます。

 

中南米と姫路城を訪ねる旅

これはユカタン半島のマヤ遺跡、チチェン・イツァの小さなピラミッドの壁に刻まれているジャガーの拓本。

 

中南米と姫路城を訪ねる旅

館長が国宝級といっているとかいてありました。動物象形三足彩文壺。ジャガーの壺。

 

中南米と姫路城を訪ねる旅

イグアナの蓋付香炉。

 

中南米と姫路城を訪ねる旅

2階ひあがります。これは階段の踊場の上に掲げられていた遺跡の写真。

 

中南米と姫路城を訪ねる旅

2階です。椅子に座って休めるようになってました。

 

中南米と姫路城を訪ねる旅

階段上がって正面、左側の壁に展示してあった織物ですが、模様が絵画のようで美しい。アンディ・ウォーホルも真っ青って感じですね。

 

中南米と姫路城を訪ねる旅

この壺を見ると、

 

中南米と姫路城を訪ねる旅

コンゴウインコの嘴とそっくりです。

 

中南米と姫路城を訪ねる旅

テネチケ蛇型土偶。割れて短くなったもの。

 

中南米と姫路城を訪ねる旅

宇宙人ぽい。ひょっとしたら本当に宇宙人だったかもと思わせるようなトゥマコの土偶。左からジャガーの面を被った男性、オシャレをした妊婦、地位の高い男性。

 

中南米と姫路城を訪ねる旅

この長い舌はなんなんだろう。本当にジャガーのお面なんだろうか?。男の大きなシンボルもついてる。

 

中南米と姫路城を訪ねる旅

妊婦さんといわれてみればおっぱいがついてるのがわかりますが、お腹はそんなに出てないような気がします。この土偶欲しいです。家に飾りたいのでレプリカ作って売ってくれないかな。

 

中南米と姫路城を訪ねる旅

ぐっさんにそっくりと書かれている土偶。一番左がラ・トリータ、右3人がバイアー出身。古代中南米の人たちと日本人は遠い親戚だそう。

 

中南米と姫路城を訪ねる旅

アンデスの織物。

続きます。

-愛車で旅に行ってきた。
-, ,

Copyright© world where it disappears , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.