world where it disappears

下関私生活

*

偽ガルシア=マルケスは偽物

   

40/1000 「偽ガルシア=マルケス」古川日出男

餅をのどに詰まらさずに食べられたのでよかったと思う今日このごろ、元旦は家にこもっていたのでのんびりとした正月でした。今日から仕事なので初詣はそのうち行くつもりです。

 

たとえば、私にだって一瞬で、というか反射的に答えられる質問はある。たとえば、それが名前だ。君の名前はなんなんだ? と言われたら、私はもう答えている。私の名前はガブリエラだと。すると、質問はさらに重なるかもしれない。立て続けに問われるのかもしれない。それが君の名前だとして、じゃあ苗字はなんなんだ? 頼むから氏名を教えてもらえないか、と。この時だって、私はもう即座に答えているだろう。私はガブリエラ・ガルシア=マルケスだと。

さて、ガルシア=マルケスというとノーベル賞作家なのだけど、読んだことはありません。というか「百年の孤独」は単行本が出た時に買ったのだけど読み始めて何ページか、読書のペースに乗れず読めないままになっています。

なので、この小説がガルシア=マルケスに似ているのかどうか判断がつかないのだけど、似ているんだろうと思います。だってタイトルが偽ガルシア=マルケスですから。

文章はくせがあるけれど読みやすいのですが、いったい何をいいたいのかさっぱりわかりません。意味はわかるし、書いていることもわかるんだけどね。昔の筒井康隆のような感じです。

とりあえず偽ガルシア=マルケスの中で書かれている人物像が本物のガルシア=マルケスと同じかどうか調べてみようと思います。それと、この際なので本を読んでみようと思います。

古川日出男はこれ以外に読んでないので、kindleにある他の2冊の本をいずれ読んでみようと思います。

kindle unlimited 買えば199円。kindle single なので短いかと思っていたけれど読み応えのある長さでした。

 

 

 - ぼくの読書法

ad




ad




  関連記事

寒いのでおでん材料の買い出しに行って、猥雑な本を読みふけった。

今朝は雪が舞ってました。寒いので晩御飯をおでんにすることにして買い物に出かけまし …

生きててよかった。新作が読める。

63/1000「イマガワ血風録~セルパブ戦記~」忌川タツヤ 64/1000「イマ …

年老いた探偵の名推理

87/1000「名探偵の証明」市川 哲也 次々と起こる事件を次々解明していくわけ …

レビューの書き方

90/1000「レビューの書き方」月狂四郎 実のところ、レビューを書くのは得意じ …

太秋柿で口もお腹も満足した。

24/1000 「少女ファイト」日本橋ヨヲコ 1巻~13巻   何度か …

それでも元気に生きていく!。

50/1000 「二度めの夏、二度と会えない君」赤城大空   燐がずっ …

「ラインの蒲公英城と白い女」本間かおり

9/1000 「ラインの蒲公英城と白い女」本間かおり   「つねに社会 …

突然に死に対した時、僕は何を心残りに思うんだろう。

48/1000 「テルミー1 きみがやろうとしている事は」滝川廉治 49/100 …

吹奏楽の神様からの手紙

115/1000「吹奏楽の神様からの手紙」有星まかろん 吹奏楽部って女子が多いよ …

朝の読書は危険、遅刻する。

  今日は3ヶ月に1度の小倉行きの日でした。奥さんの病院の付添ね。 寒 …