world where it disappears

下関私生活

*

偽ガルシア=マルケスは偽物

   

40/1000 「偽ガルシア=マルケス」古川日出男

餅をのどに詰まらさずに食べられたのでよかったと思う今日このごろ、元旦は家にこもっていたのでのんびりとした正月でした。今日から仕事なので初詣はそのうち行くつもりです。

 

たとえば、私にだって一瞬で、というか反射的に答えられる質問はある。たとえば、それが名前だ。君の名前はなんなんだ? と言われたら、私はもう答えている。私の名前はガブリエラだと。すると、質問はさらに重なるかもしれない。立て続けに問われるのかもしれない。それが君の名前だとして、じゃあ苗字はなんなんだ? 頼むから氏名を教えてもらえないか、と。この時だって、私はもう即座に答えているだろう。私はガブリエラ・ガルシア=マルケスだと。

さて、ガルシア=マルケスというとノーベル賞作家なのだけど、読んだことはありません。というか「百年の孤独」は単行本が出た時に買ったのだけど読み始めて何ページか、読書のペースに乗れず読めないままになっています。

なので、この小説がガルシア=マルケスに似ているのかどうか判断がつかないのだけど、似ているんだろうと思います。だってタイトルが偽ガルシア=マルケスですから。

文章はくせがあるけれど読みやすいのですが、いったい何をいいたいのかさっぱりわかりません。意味はわかるし、書いていることもわかるんだけどね。昔の筒井康隆のような感じです。

とりあえず偽ガルシア=マルケスの中で書かれている人物像が本物のガルシア=マルケスと同じかどうか調べてみようと思います。それと、この際なので本を読んでみようと思います。

古川日出男はこれ以外に読んでないので、kindleにある他の2冊の本をいずれ読んでみようと思います。

kindle unlimited 買えば199円。kindle single なので短いかと思っていたけれど読み応えのある長さでした。

 

 

 - ぼくの読書法

ad




ad




  関連記事

悲しいのは記憶が残らないこと

101/1000「君と時計と嘘の塔」綾崎隼 102/1000「君と時計と塔の雨」 …

世界のさかいめ

66/1000「彼女が世界を、終わらせた理由」はむまる 67/1000「サニーサ …

年上の女性に憧れた光り輝く人生の夏の一瞬の物語

84/1000「夏が逝く瞬間」原田伊織 誰にでも光り輝く夏の一瞬があるものです。 …

ミステリ小説を読む。

レジナルド・ヒルの「ベウラの頂」を図書館で借りてきました。 なぜなのかというとサ …

no image
電子書籍も積ん読状態になってきたぞ。

先日、夢シティでテナントさんのおはぎがセールで半額だったので、きな粉おはぎと、普 …

ハードコアラブストーリーまたは大人エンタメテロ

62/1000 「犯罪特区COLD BRAIN」奏ちよこ   極端に言 …

入り乱れる先輩と私と後輩

106/1000「先輩と私」森奈津子   味もそっけもないタイトルです …

no image
女子力満開で無料女子漫画を片っ端から読んでみた。無謀だった。

パクチー好きのおっさんがパクチーの力を借りて、女子力満開で無料の女子漫画を片っ端 …

no image
電子書籍をNexus7で。

Nexus7で読もうと思って、アマゾンの”kindle” …

no image
本はやっぱり高いわ、と思った今日このごろ。

ソファで音楽を聞きながら、本を読んいたら、いつの間にか寝てました。眠たいなと思っ …