食べものについて

田舎のレストランでラーメンとステーキを食う。

更新日:

御所野小学校跡に行ったのはついででした。
実は目的地はここでした。「御所野ラーメンいなか屋」

ご当地の名前がついたラーメンなんだけど、これはこの店が勝手に付けた感じですね。近くにはラーメン屋さんは見当たらないと思います。

なぜ営業時間が15時までなんだろう、と思って相棒に聞いてみたら、暗くなると道がわからなくなるから、と言われました、たぶんそれ当たってる。

 

 

駐車場から奥に行くと見えてくるのがこの建物。いわゆる古民家です。屋根瓦が新し目なのと屋根に太陽熱温水器があるのが人の気配をかんじさせます。のぼりが違和感さえ感じさせます。

 

家の前まで来るとテントが張られていました。

 

テントの下には椅子があって、待合所になってました。軒先にも椅子が置いてありました。先客が2組み、店内の待合と軒先で待ってました。

 

入り口はこんな感じです。普通に人が住む家ですね。

 

入り口は古民家なので左右の引き戸です。店のロゴはモダン。自動ドアではありません。

 

13時を過ぎていたので、多少お客の数が減ったのか、待ったのは10分程度です。

私たちは奥のテーブル席に案内されました。入り口は写真の右の光っているところ。左が厨房で何人の方が働いておられるかわかりませんでした。

右は対面カウンター席。カウンターなので2人組だと2組のお客が座れます。窓際にもカウンター席があってここには5人座れます。私達の奥にテーブル席が2つ。

メニューはラーメンとステーキの2つ。ラーメンのセットには唐揚げがついていて、これも名物らしいです。

 

まず、注文したのは御所野ラーメン。500円です。これは相方とシェアしました。ラーメンもステーキも食べない理由はありません。ラーメンにはセットがあって、セットの唐揚げも名物だそうです。

御所野というのはこのあたりの地名です。スープはあっさり魚介風味の醤油味。とんこつ味に飽きている方には、いいかも。量も少なめで細麺なので食感はマルタイ棒ラーメンを食べている感じです。

 

これが「お箸で食べるステーキセット」。2000円。

 

ステーキは2枚。とても柔らかくて本当に箸で食べられます。入れ歯でもOKでしょう。ひょっとしたら歯がなくても大丈夫。

ステーキは柔らかくて食べやすかったです。量も多いので食べごたえがありますが、霜降りっぽくて少々脂っぽく感じました。赤身が好きな私にはちょっとつらい。

 

これはセットに付いているスープと野菜サラダ。コーヒーは単品で300円するのでセットで2000円なら高くないんじゃないかな。

 

ラーメンのセットを食べているお客さんが多かったような気がします。女性客が多かったですね。夜だと道に迷いそうな田舎ですが、お客さんが多いのはテレビで紹介されたおかげのようです。話の種にはいいかも。yelpにも投稿したので興味があれば見てください。

続きます。

 

-食べものについて

Copyright© world where it disappears , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.