あまたの声五月雨のごとく

気持ちの良い汗をかきながら近所を歩いて来ました。

更新日:

昨日の公休日、12時にすぎに近所まで出かけてきました。用事で出かけてのではなくて散歩です。散歩に出るのはほんと久しぶり。今の場所に引越してきた時以来。

昨日は奥さんと一緒に歩こうと考えていたのですが、退院して間もないので「歩くのはまだこわい」と言うので、一人で歩いてきました。

歩くというと思い出すのはフランス語。Je Marcher. マルシュという響きが好きで、大学生だった時は友達と何度も言ってました。歩きながら心の中でリズムを取りながら、ジュマルシュジュマルシュと言ってました。

最初に向かったのがこの公園。春には桜が綺麗なところです。桜の葉もこんなに紅くなるんですね。遠目ではまばらであまり美しくないのですが中にはこんな葉もあるということで。

公園の隅にある遊具では2人のちっちゃな子供たちが遊んでいて、見ていてとても微笑ましかったです。

次に向かったのが公園の横の神社。これは境内に設置してある「幸せふくろう」の像です。灰色っぽいのだけど、日が当たって真っ白に見えます。ふくろうが幸せのシンボルなのは意味はわかるのだけど、なぜにフクロウがここにいるのかは不明です。

これは神社の中にある、夫婦杉です。一直線に杉が伸びているのがわかりますが、この2本の木の根は別々ですね。連理の杉じゃない。(と、思います。根元を確認するのを忘れました。) 今回は散歩にカメラを持って行ってなくて、スマホで撮ってるので写りがあまりよくありません。

スマホはもう何年も前のZenfoneMaxです。デジカメ代わりになるスマホが欲しくなってきました。再来年には終わってしまうPHSをどうにかしないといけません。電話としては不満はないのだけどね。スマホだと OPPOのFIND Xとか、心ときめくスマホが出てきましたから本気で考えようと思います。

この辺りは旧北浦街道です。神社からさらに北上して山陽本線の上の跨線橋を渡ります。山陽本線だけじゃなく山陰本線も通っているので跨線橋は結構長いです。

写真を撮っていると高校生くらいの女子学生さんが真ん中のスロープにタイヤを載せて自転車を押しながら上って行きました。ちょっと大変そうでした。

跨線橋を渡って降りたところに、線路に沿って小さな川が流れていて、土手に紫色の植物が群生してました。これはなんだろう。

線路に沿って歩いて行くと、おっ、自動販売機にミルクコーヒーがあるぞ。これは珍しいんじゃないでしょうか。久しぶりに自販機シリーズを再開しようかと思ったほどです。昨日の散歩では道に設置してあった自販機の写真を5台ほど撮りましたけどコカ・コーラの自販機が多かったです。これは伊藤園の自販機でしたね。

そろそろいい時間。駅舎が見えているのでこの辺りで家に戻ることにしました。疲れてはないですが、この日は小春日和というのか日差しが暖かくて、汗が出てくるのでちょっと不快です。タオルを忘れたので早く汗を拭いたくなってきました。

家に帰り着いて時計を見ると1時を少し回ってました。1時間10分くらい歩きました。景色を見ながら歩いたので距離は大したことはありません。持っていったペットボトルの中身は全部飲み干しました。

では。

-あまたの声五月雨のごとく
-, , , ,

Copyright© world where it disappears , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.