先人たちの場所

大村益次郎生誕宅跡

投稿日:2010/09/14 更新日:

大村益次郎生誕宅跡

鋳銭司にある大村益次郎生誕宅跡です。公園化されてとてもきれいになっています。ちょっと車を駐めて休憩するにもいいかもしれません。JR四辻駅近くなのですがまわりには大きな建物はなくて車の通りも少なく静かです。

 

大村益次郎生誕宅跡

秋穂には「大村益次郎誕生地碑」があります。秋穂地区のの大村益次郎ゆかりの地についてはこちらが詳しいです。大村益次郎マップ(秋穂)

 

大村益次郎生誕宅跡

この地は。大村益次郎の祖先が代々居住したところで、益次郎は、この地で文政八年(一八二五)五月三日出生した。
しかし、益次郎の出生後三年ばかりして、一家は父の実家のある秋穂の天田(あまだ)に移り、生家は焼き払われた。
益次郎は成長して、三田尻の梅田幽斎に蘭学、九州日田の広瀬淡窓に漢学、さらに大阪の緒方洪庵について、洋学・医学を学んだ。嘉永六年(一八五三)宇和島藩にまねかれて、宇和島に数年とどまり、後に江戸に出て塾を開き、ついで幕府の講武所の教授となった。その後長州藩に召されて江戸藩邸に入り、後に帰国して明倫館教授となった。この頃、いわゆる幕府による長州征伐がおこり、益次郎は参謀としてよくこれに対処し、幕府軍をやぶった。その後、戊辰の戦いにも参謀として功があり、明治新政府の樹立に尽くした。維新後は兵部大輔として、大いに軍政を改革し、日本の国は日本国民全部で守るべきだとして、大いに国軍の建設に尽力したが、明治二年九月四日京都において、反対派のために襲撃をうけ、十一月五日大坂で没した。東京の靖国神社の社頭にある益次郎の銅像は、益次郎のありし日の英姿である。(現地の説明板による)

 

大村益次郎生誕宅跡

近くの道路標識。

では。


大きな地図で見る

-先人たちの場所
-, , ,

Copyright© world where it disappears , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.