神社仏閣紀行

日吉神社横穴墓群 その1日吉神社

投稿日:2009/12/03 更新日:

日吉神社

山口大学の吉田キャンパスの前に流れている小さな川、九田川、その川にかかっている朱色の橋。

 

日吉神社

その橋の向こうに岸にある鐘楼です。左には鳥居があります。

 

日吉神社

鳥居の前の道は狭くて、車1台が止められるくらいの狭い空き地がありました。

 

日吉神社

鳥居から階段が続いています。標高は35mということなので、山と言うよりは丘陵ですね。日吉神社はこの階段の上です。参道の途中には「横穴墓群」がありましたが、まず日吉神社を参拝しました。

 

日吉神社

階段はいったんとぎれて平らになってそのまま続きます。ここからは遠くに拝殿が見えます。拝殿の手前はまた上り坂で、両側にたくさんの灯籠が立ち並んでいます。松山が松食い虫にやられたので植林したということです。

 

日吉神社

拝殿が見えてきました。

 

日吉神社

手水舎です。

 

日吉神社

狛犬。

 

日吉神社

狛犬。とても古い時代のものに見えますね。

 

日吉神社

由緒書。

 

日吉神社

社号額。

 

日吉神社

拝殿内部です。絵画が四方に飾ってありました。

 

日吉神社

いい言葉が掲げられています。「ねてもさめてもにこにこと」

 

日吉神社

日吉神社

日吉神社は平井一帯の氏神です。社伝によると天慶6年(943)の創建と言われています。もとは別のところにありましたが、寛永2年(1625)に社殿が焼失したため、現在地に再建されたものです。この社には雨乞いの神事があり、日照りが続いて、水不足になると氏子中の農家が、井手原の高井井手に神主を迎えて祈願を行い、それが終ると神主を川に落とす風習があります。(「ふるさと山口」75p)

続きます。

(撮影日2009.11.29)


大きな地図で見る

-神社仏閣紀行
-, , ,

Copyright© world where it disappears , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.