world where it disappears

下関私生活

*

長崎の祭りと城巡りの旅 その4遠藤周作文学館

   

遠藤周作文学館

遠藤周作といえば狐狸庵先生です。優しそうな笑顔が今でも思い出されます。一番覚えている本といえば「ただ今浪人」、テレビドラマで見て、それから本を買った記憶があります。狐狸庵先生のエッセイもずいぶんと読んだ記憶がありますが、シリアスな物語はほとんど読んいません。文学館を見終わった後にはせめて「沈黙」くらいは読まなければと思いました。

遠藤周作文学館は道の駅「夕陽が丘そとめ」の下、海側にあります。道の駅と同じ所にあると思って着いたのがこの道の駅の建物の前でした。建物が3つ並んでいたのでそのどれかが遠藤周作文学館と思ったのですが、違ってました。

 

遠藤周作文学館

道の駅の前にもこんな看板が出てたし。実際は道の駅を左に行って、階段を降りたところにありました。

 

遠藤周作文学館

ここで道があるのに気がついて、文学館の駐車場まで車で移動しました。

 

遠藤周作文学館

この説明板によると、遠藤周作文学館は平成12年5月に、代表作「沈黙」に登場するトモギ村のモデルの一つであったこの外海の地に開館した、とのことです。

 

遠藤周作文学館

文学館はこの下の白い建物です。

遠藤周作文学館

ここが入り口。駐車場は広くないですが、道の駅に止めて歩いても5分もかかりません。

 

遠藤周作文学館

全景です。駐車場はこの手前側に5~6台分くらいありました。

遠藤周作文学館

手描きっぽい文字で遠藤周作文学館とかかれています。

 

遠藤周作文学館

右の方にはバス停がありました。この奥に見えているのは喫茶「アンシャンテ」。サイトのコラムを読んでぜひ食べたかった「ド・ロさまそうめん」をこの喫茶店でとりました。素麺自体はこの喫茶店でも、道の駅でも売ってました。麺の長さは適度に短くてとても食べやすい煮麺でした。出汁も美味しかったので残さず飲んでしまいました。

 

遠藤周作文学館

遠藤周作本人の筆跡みたいな感じです。

 

遠藤周作文学館

喫茶の窓からも外海の広々とした景色が望めたのですが、文学館に入るまでの間に展望できる場所があって、これはそこから見た景色です。手前に3つ並んだ島の一番左、この島は穴が空いていて向こうが見えてます。この日はPM2.5なのか黄砂なのか遠くがかすんでよく見えませんでした。ちょっと残念ですね。道の駅の名前にも「夕陽が丘」とついてますが、夕日はさぞかしきれいだろうと思います。

 

遠藤周作文学館

文学館の中は撮影できなかったのですが、ゆっくり見ても疲れない程度のいい広さでした。企画展として「遠藤周作と歴史小説」が開催されていて、キリスト教徒の関連する人物の歴史小説がとてもわかりやすく解説されてました。遠藤周作の著作も中で買えるようになってました。

続きます。

 - あまたの声五月雨のごとく , , , ,

  関連記事

腰使いが難しぞ!フラフープ。

フラフープを買った。 というか、これは自分用ではなくて、家人への誕生日プレゼント …

休日の過ごし方。

  夜明け、3時。うしみつどき。汗をかいて目がさめました。暑い。蒸し暑 …

車検だったよ。

車検でした。以前三菱車に載っていた時は営業の方が代車に乗って車を取りに来て、 終 …

Thirty Days NY
Thirty Days NY

公式サイトはこちらから。http://thirtydaysny.com/ (終了 …

さよならはティファニーで昼食を。

  真夜中に突然の雨。土砂降りです。慌てて窓を全部閉めました。部屋の中 …

no image
年末は何かにつけて忙しい2。

  承前   FBSの『福岡人志 松本×黒瀬アドリブドライブ …

朝も夜も暗い。

  朝が暗くなりました。夜も暗くなりました。日が短くなったと実感するの …

iPad mini 4で門司港レトロを写してきました。

このところ何をするにも根気が続かなくて、本を読みだしても5分で投げ出すし、ビデオ …

ゆっくり歩く。

靴が悪いのか、足が弱いのか。その両方だろうな。ほんのちょっと歩いただけで足に豆が …

空と海の境目

防府市まで出かけたので足を伸ばして向島漁港へ。漁港は昨年8月以来なので約9ヶ月ぶ …