world where it disappears

下関私生活

*

the other side of DESIRE

      2017/11/27

The Other Side of Desire

リッキー・リー・ジョーンズの今年発売のアルバムです。いつのまにか一緒に歳をとっちゃったね。私が同時代でずっと聴き続けているアーチストの一人。

気がついたのが遅くて最近やっと買ったのだけど、最初はあんまりいいとは思えなかった。年のせいかちょっと奇妙な高音の声がもう聞かれない。落ち着いたといえば落ち着いた感じだけど、落ち着いた歌い方はリッキーじゃない。つまらない。

デビューアルバムの「浪漫」というアルバムはとても有名だけど、どんどん人気は尻すぼみになって最近は噂もあまり聞かないのだけど、ずっとずっと情熱を失わずにコンスタントにアルバムを出し続けてくれてます。素晴らしい。公式サイトからMP3でライブアルバムも多数出していて、これを聞くと生で聞いてみたいと思いが募りますね。ビデオもたくさんアップされているのでこれを見て乾きを癒します。

あれからどれだけたったんでしょう?。どこかにビルのバーで買ったばかりの中途半端な大きさのLPレコードを無理やりかけてもらって聞いたのは。当時は限定版だとか言われて、買っとかなきゃと思って無理して手に入れたものだけど、今でもCDやファイルで買えてます。「GIRL AT HER VOLCANO」というアルバム。このアルバムの日本語タイトルは「マイ・ファニー・バレンタイン」だけど、その曲もいいのだけど心をわしづかみにされるのは「渚のボードウォーク」。日本語タイトルに意味は無いけど、タイトルはこちらの方がよかったんじゃないかな。この曲はとっても素敵な歌い方をしてる。

このアルバムの中では7曲目のクリスマスソング “Christmas in New Orleans” はヘビーローテーション。

では眠りに落ちるまでのいっときひたるとします。

 - こころの歌

ad




ad




  関連記事

2013年よく聞いたアルバムその2 “The North Borders” by Bonobo

“The North Borders” by Bonob …

no image
Van Der Graaf Generator ”Wondering”

久々に。 ヴァンダーグラフのワンダリング。二十歳くらいの時から何度聞いたか。レコ …

no image
YouTubeでゴスペルを聞いたよ。

  ほとんどの人が見ていないであろう大前研一のSNS ”a …

ひまわりを見に行けなくて、Netflixを見て過ごした昨日。新しいBlack Tape For A Blue Girl の曲を聞いた今日。

一昨日の夜、土砂降りで2重サッシの窓を閉めていても雨の音がうるさくて目が覚めて睡 …

今、久しぶりの Black Tape For A Blue Girl

Projektから”Black Tape For A Blue Gi …

no image
猛暑はゆるゆるの楽しい音楽で乗り切る。

サンフランシスコのロックバンド、Thao & The Get Down …

Angel Olsen “My Woman”

台風5号が近づいてきて、ちょっと心配な今日このごろですが、暑い今年の夏は汗を流し …

no image
パティ・スミスは65歳だって。

ずっと聞いてるよ。だから、話題になれば少しは気になる。あまり熱心なファンではなか …

ԴՈԳՄԱ / DOGMA

アルメニアのバンド。ԴՈԳՄԱ – Հայկական էթնիկ-պ …

R.I.P.ロビン・ギブ

ロビン・ギブの訃報を聞きました。 「救いの鐘」はPPMの「悲しみのジェットプレー …