world where it disappears

下関私生活

*

J・Jおじさんのとっても広い宇宙。

      2017/12/16

52/1000 「植草甚一スクラップ・ブック7 J・Jおじさんの千夜一夜物語」植草甚一

 

ミステリーの話も面白いけどジャズの話も面白い。いや、なに、男爵夫人パノニカの話だよ。チャーリー・パーカーが死んだのが彼女のアパートだったって話。

切手偽造師ド・スペラーティーの話もどうやったら完璧に偽切手が作れるのか不思議だね。

突き刺さったのはファウルズのコレクターの話。これは映画にもなったし、若い女性を蝶の標本のごとく監禁する話なので、知ってる人も多いだろうけど、本を読んだ人は少ないだろうね。

この本はインターネットのなかった時代に、ディープで面白い話をしてくれる物知りおじさん、植草甚一のスクラップブックです。

1976年に刊行された本なのに、その語り口とあいまって、読めば読むほど宇宙のような広さを感じます。このシリーズは大学生の頃に何冊か買っていて、未だに黄色くなった本を持っていたりもするのだけど、今では電子書籍で読めることができるようになっています。

J・Jおじさんは1979年に71歳で亡くなられています。天国でも風呂敷を持って、古書店を巡りながら、最近は掘り出し物の洋書が少なくなったな、とぼやかれてるでしょう。

BOOK  LIVE!。822円

 - ぼくの読書法

ad




ad




  関連記事

吹奏楽の神様からの手紙

115/1000「吹奏楽の神様からの手紙」有星まかろん 吹奏楽部って女子が多いよ …

丑三つ時にはだれもぼくを捜さない。

  「どうしてだれもきみを捜そうとしないのかな」「ニューヨークが恋しい …

サンドリヨンってなんだろう?。

27/1000「午前零時のサンドリヨン」 相沢 沙呼   「うん、でも …

イチョウ葉茶は友だち。

6/1000 「ネットカフェにも朝は来る」平野厚 7/1000 「水底のネクトン …

世界最高の日本文学

88/1000「世界最高の日本文学~こんなにすごい小説があった~ 」許 光俊 世 …

入り乱れる先輩と私と後輩

106/1000「先輩と私」森奈津子   味もそっけもないタイトルです …

懐かしい人に会った。じゃあね、と別れた。

8/1000 「光る海」石坂洋次郎 雨が降りだした。風も強く吹いている。台風12 …

ハリー・ポッターの世界が戻ってくる。

30/1000 「特集 ハリー・ポッター完全読本」PEN編集部 これだけあれば魔 …

願いは希望、現代の童話を読んだ。

111/1000「星に(なって)願いを」伊藤なむあひ   これは現代の …

なつかしの子供たちの生活が思い出される物語

55/1000 「あひる」今村夏子 今村夏子は太宰治賞と三島由紀夫賞を受けた作家 …