愛車で旅に行ってきた。

2017年初夏の花を見る旅 その83万輪の牡丹を見に大根島の由志園へ

投稿日:2017/05/06 更新日:

 

朝食は6時半から可能ということだったのですが、7時半にロビーに降りて食べました。ここの朝食はおかずはよその東横インとかわりませんが、味噌汁がとびきり美味しいので満足でした。

 

ホテルを出発したのが8時20分。立体駐車場が混雑していて、車が出てくるまで20分ほど時間がかかりました。これは初めてです。

 

米子駅前から由志園までは境港方面に一直線です。途中のスタンドで給油して、ベタ踏み坂で知られる江島大橋を反対側から渡って大根島へ。

途中の一面の菜の花畑を通過して由志園の駐車場に到着したのが9時20分でした。すでに駐車場は満車状態。警備員の方に臨時駐車場の方へ案内されました。これは開園前からお客さんが来てたのじゃないかな。ほっとしながら道路を渡って由志園の中へ入りました。中も大勢の人でごった返していました。

 

入園券を買って入り口を入るとそこには一面の牡丹の花の池が広がっていました。

 

水面がまったく見えません。これは見事です。

 

どの花もイキイキとしています。枯れた花や萎んだ花はありません。なにせ3万輪の牡丹の初日です。

 

立ち止まって写真を撮る人で溢れてました。ここから奥に牡丹園があるのですが、いったん奥へ行くと、ここには戻ってこれないのでじっくり見て回ることをおすすめします。

 

池に浮かんだ牡丹の花のアップです。

 

この牡丹は奥の牡丹園から摘んできたものを浮かべたものなのでしょうか。それにしてもものすごい迫力です。

 

池は左へ広がっていて

 

その左奥の一番大きな池の中にも牡丹が浮かんでました。

 

こんな感じです。数が多すぎて、ここまでくるとどうでもいい感じです。

 

池の中では牡丹の手入れをされている方がおられました。メンテナンスも常時きちんとされているようです。

 

池の周りは人でいっぱいです。毎年来られている方もおられるようで、去年よりどうたらこうたら言っている声も聞こえました。後日動画をアップしますが、それを見られたら写真より雰囲気がよくわかると思います。

由志園続きます。

 

-愛車で旅に行ってきた。
-, , , ,

Copyright© world where it disappears , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.