world where it disappears

下関私生活

*

寝ながら読んだ構造主義の本

   

110/1000「寝ながら学べる構造主義」 内田樹

 

マルクス、サルトル、カミュ、ソシュール、フーコー、バルト、レヴィ = スト ロース、名前は聞いたことはあるけれど、彼らの事を深く勉強したことはありません。思想に対する理解は全くないです。

大学時代にソシュールとレヴィ=ストロースについての講義は受けたことがあるけれど、覚えていません。ということは理解してなかったということでしょう。ソシュールが言語学者で、レヴィ=ストロースが文化人類学者ということは知ってます。内容は多少は覚えているけれどその基礎となる考え方は理解していませんでした。できの悪い学生だった私にはすぐ飽きてしまってドロップ・アウトしちゃったからね。

理解が間違っていたら申し訳ないけれど、なるほど、と思ったのは「ネットワークのリンクの結び目にいるのが主体である私、自分の行動を見て判断された物が自分である」ということ。

構造主義の思考方法が浸透しているため私達の発想方法そのものが構造主義的な考え方になっているらしいのですが、それを意識することはないですね。

この本は構造主義の誕生から説き起こし、それぞれの学者の考え方を説明しつつ例を上げてやさしく説明してくれています。これだけで理解できるものではないと思いますが考え方に触れるにはいいと思います。

 kindleで594円。

 

 - ぼくの読書法

  関連記事

太秋柿で口もお腹も満足した。

24/1000 「少女ファイト」日本橋ヨヲコ 1巻~13巻   何度か …

コーヒー一杯の幸せってあったね。

19/1000「コーヒー一杯分のエッセイ:月刊はあちゅう2015年10月号」はあ …

吹奏楽の神様からの手紙

115/1000「吹奏楽の神様からの手紙」有星まかろん 吹奏楽部って女子が多いよ …

右手首が痛い。腱鞘炎になったかも。

11/1000 「絵画モデル」桜沢ゆう   右手首が痛い。腱鞘炎になっ …

群れない人は信用できる。「ひとりぼっちを笑うな」蛭子能収

3/1000 「ひとりぼっちを笑うな」蛭子能収   それは、ひとりぼっ …

おっさんにはまぶしいです。広島が舞台の青春の物語。

55/1000 「この恋と、その未来。1 -一年目 春-<この恋と、その未 …

世界のさかいめ

65/1000「彼女が世界を、終わらせた理由」はむまる 66/1000「サニーサ …

入り乱れる先輩と私と後輩

106/1000「先輩と私」森奈津子   味もそっけもないタイトルです …

グロテスクな恐怖

109/1000「B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる 」綾里 け …

世界は両手の間からこぼれ落ちていく

12/1000 「世界を知る6つの特別講義」大前研一   奥さんから会 …