world where it disappears

下関私生活

*

寝ながら読んだ構造主義の本

   

110/1000「寝ながら学べる構造主義」 内田樹

  マルクス、サルトル、カミュ、ソシュール、フーコー、バルト、レヴィ = スト ロース、名前は聞いたことはあるけれど、彼らの事を深く勉強したことはありません。思想に対する理解は全くないです。 大学時代にソシュールとレヴィ=ストロースについての講義は受けたことがあるけれど、覚えていません。ということは理解してなかったということでしょう。ソシュールが言語学者で、レヴィ=ストロースが文化人類学者ということは知ってます。内容は多少は覚えているけれどその基礎となる考え方は理解していませんでした。できの悪い学生だった私にはすぐ飽きてしまってドロップ・アウトしちゃったからね。 理解が間違っていたら申し訳ないけれど、なるほど、と思ったのは「ネットワークのリンクの結び目にいるのが主体である私、自分の行動を見て判断された物が自分である」ということ。 構造主義の思考方法が浸透しているため私達の発想方法そのものが構造主義的な考え方になっているらしいのですが、それを意識することはないですね。 この本は構造主義の誕生から説き起こし、それぞれの学者の考え方を説明しつつ例を上げてやさしく説明してくれています。これだけで理解できるものではないと思いますが考え方に触れるにはいいと思います。

 kindleで594円。

 

 - ぼくの読書法

ad




ad




  関連記事

S-Fマガジン 1972年3月号について

今でも出続けているSFマガジン。「S」と「F」の間にハイフンが入っているのに、今 …

本の町の殺人

13/1000 「本の町の殺人」ローナ・バレット   レギュラーコーヒ …

あなたと記憶に残したい打ち上げ花火。

59/1000 「あの夏、最後に見た打ち上げ花火は」助供珠樹 しかし若者が興味を …

見てはいけない物を見てしまうと

93/1000「見てはいけない1」辻友貴 94/1000「見てはいけない2」辻友 …

思わず感激する学園ミステリー。

114/1000「退出ゲーム」 初野 晴 清水南高校の吹奏楽部が舞台の青春小説。 …

晴れた日も相変わらずラノベを読んでいる。

3月16日以来、2ヶ月ぶりの読書記録です。旅とか、アニメを見たりとかで本をあまり …

希望

116/1000「すべての雲は銀の…(上)」村山 由佳 117/1000「すべて …

ミステリ小説を読む。

レジナルド・ヒルの「ベウラの頂」を図書館で借りてきました。 なぜなのかというとサ …

コーヒー一杯の幸せってあったね。

19/1000「コーヒー一杯分のエッセイ:月刊はあちゅう2015年10月号」はあ …

夏はエアコンの下で読書三昧。

先日も書いたように、左肩の五十肩がやっとの事でよくなったのだけど、右肩は悪化して …