あまたの声五月雨のごとく ぼくの読書法

買うものがないAmazonのサイバーマンデー

投稿日:2017/12/10 更新日:

寒い日が普通になってきた今日この頃、みなさん風邪などお召しになっておられませんでしょうか。私は珍しく日曜日の公休を満喫してました。1日では神経のほぐれが取れたとは言い難いですが、最近打たれ弱くなってきて、立ち直るのに時間がかかります。

さて、期待していたAmazonのサイバーマンデーですが、色々見ても買えるものがなくて、プライム会員になったものの普通に買い物をしました。kindleは無印、Fire7も持ってるからね。ガジェット系は常に進化しているので必要なものが無いのに買えないし。みんな何を買ってるんだろう。ということで、一昨日注文した水素水スティックが午前中に、午後ビーツが到着。

今まで買っていた水素水スティックが異常に高くなっていたので、試しに中国産のものを買ったのだけど。袋を開けて中を取り出そうとしたところ、蓋が緩んでいたのか、スティックの中の石ををぶちまけてしまった。

色々言われていた効能が無いことは知っている。アルカリ性になった水道水が飲みやすくなるので使い続けていたんだけどね。奥さん、信用できないからもう飲まないとのこと。わからないこともないけど、そんなに深く考えることもない。

ビーツは今回が2回目。最初は恐る恐るで1kgだったのを、今回は2kg。缶詰も考えていたけど、生で問題なし。動脈硬化予防。味も良いのでこれからも継続して購入することにする。

タイトル募集をしていた「小説X」の公開期間終了。なんとか読み終えた。通学時にすれ違う男性に恋する女子大生の物語でミステリーっぽく無いところが良い。タイトルは思いつかなかった。ラノベっぽいタイトルが良いかも。

午後、前川清のテレビ「タビ好き」を。普段テレビを見ないのに、なぜ見たのかというと、「出津教会」が放送されるのを知ったから。一瞬だけどド・ロ神父と素麺のことも放送されましたね。遠藤周作も。

ここは2015年の2月に行ったので見覚えがありました。教会の内部は撮影禁止なのでテレビでも映ってませんでした。ここの集落が前川清の母親の出身地だとは知りませんでした。

219〜222/1000「マリア様がみてる 34巻〜37巻」今野緒雪
長かったけど、あまり長さを感じなかった。改めて思うにこれは祐巳と祥子の出会いと別れ、2年間の成長の物語だよね。33巻まででいったん話は終わって、34巻からはエピソード集。35巻、ももがかわゆい、36巻のステップは読ませましたね。どっちにしても全巻読みたくなるのでまとめ買いが正解。

では。

-あまたの声五月雨のごとく, ぼくの読書法

Copyright© world where it disappears , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.