world where it disappears

下関私生活

*

初雪と旅と食べ物と。

   

その丸顔の女性の手を取って、久しぶり!とはしゃぎながら抱きついた。彼女も喜んで、会えて良かった、と言った。知らない人なのだけど、懐かしかった。話をした。何だろう。夢だとはいえ心が苦しい。目が覚める。朝3時。

9時。初雪が激しく降り注ぐ。初雪はチラチラ空から舞ってくるもの、と思っていたのだけど違った。雨交じりで激しく降ってた。風が冷たい。

朝のコーヒーをやめているのでクノールカップスープを。マグカップの底に残ったスープの塊をスプーンですくって食べる。濃くてうまい。

蛍光灯が瞬きする。10年以上変えてないので、寿命かも。カバーを外すのは初めて。蛍光灯はスリム管だったのね。ホコリが付いていて、思わず大掃除になった。

奥さんを歯医者に連れて行った後、蛍光灯を買いにジュンテンドーへ。メーカー品の蛍光灯は思う以上に高いんだよね。なので迷わず一番安いやつを買う。それでも思わぬ散財。

 

 

はしだのりひこが亡くなったというニュース。「たとえば光」をspotifyで。アルバムはデジタル配信されてないのでベスト盤で。CDはずっと在庫があったのだけど、訃報後売り切れてる。レコードは持ってるのだけど聞けないんだよね。カバーだけどYouTubeでも。

spotifyが100円だからプレミアムプランにしなさい、と再々言ってくる。たったの100円だけど、手元にある音楽さえ聞ききれてないので、聴き放題と言われても聴かないと思うんだよね。pogoplugが無くなって音楽も聞きづらくなった。google play musicに上がっている20000曲も入れ替えるのが面倒で放置中。

 

217/1000 「世界中で迷子になって」角田光代
最近、池澤夏樹の日本文学全集の源氏物語で世の中を騒がした角田光代氏のエッセイ。旅と食べ物と買い物について。少しだけ本についても。言葉も通じないのに外国で旅する勇気は素晴らしい。真似出来ない。トイレの話は女子にあるまじき壮絶。

池澤夏樹は福永武彦の息子だけど読んだことない。池澤春菜は孫。池澤夏樹氏、もっと小説を書いてくれ。

218/1000 「高尾山 魔界の殺人 私立探偵・小仏太郎」梓林太郎
久々に読んだミステリ。文章は読みやすい。高尾山で死んだだけで魔界というのはいいすぎかも。

 - あまたの声五月雨のごとく, ぼくの読書法, こころの歌

  関連記事

寒い冬と雪はもういやだ。

最近の天気予報が当たるのか当たらないのかよくわからないのですが、雪の様子を知るた …

悲しいのは記憶が残らないこと

101/1000「君と時計と嘘の塔」綾崎隼 102/1000「君と時計と塔の雨」 …

けなされても見たくなる映画

112/1000 「江頭2:50の映画エィガ批評宣言」 江頭2:50 &nbsp …

この夏は本ばかり読んでいる。

  121/1000「特等添乗員αの難事件 I 」松岡圭祐 安定の松岡 …

足が痛くて目が覚めた

  足が痛くて目が覚めた。うつ伏せで寝てたはずなのだけど。最近は本を読 …

節分豆の代わりにピスタチオを!。

今日は節分です。いよいよ春到来ですね。 みなさんのところも今日のお昼ごはん、もし …

関門トンネルを通って司港レトロまで歩いてきた。

関門トンネルを歩いて来ました。もちろん人道ですけど。14時過ぎでしたけど、駐車場 …

Van Der Graaf Generator ”Wondering”

  久々に。 ヴァンダーグラフのワンダリング。二十歳くらいの時から何度 …

陽射しの下で静かだった壇ノ浦

壇ノ浦。ぽかぽか。冬の一日。昨日12月31日のみもすそ川公園です。   …

年賀状を出しました。

年賀状を出しました。いざ印刷と思ったら、インクが目づまりして、まったく印刷できな …