world where it disappears

下関私生活

*

わたしたち、ユーモアのセンスはまったくかみあわない

      2018/01/07

めでたいか?、めでたく無いか?、と言うと、九十歳でもめでたく無いらしいので、まったくもってめでたくはありません。今日はわたしの何十回目といくつかの誕生日。30を過ぎてからは数を数えないようにしているので老けても老けないふりをしている。

100歳まで生きるから、お前は103歳まで生きなさい。お前が死んだら私は生きていけないから私より長生きしなさい、と奥さんに言いました。この歳まで生きてきたことに感謝、と言ったら、ばか、と言われました。全くユーモアがないんだから。

お祝いにスーパーでケーキと寿司を買ってきました。乳製品がダメな奥さんは滅多にケーキを食べないのですが、今日は1/4ほど食べました。

寿司は回転寿司の方が安くつきそうな気もしたのだけれど、飲んだら帰るのが億劫になるので宅飲みしようと思ったのです。奥さんの好物のウニも今日だけは私が食べていいよと言ってくれました。ありがたい事です。

勝間和代が夢の100個くらいはすぐ書けると何処かに書いていたのを思い出して、(つい最近です。)、新年ではあるし、誕生日でもあるのでちょっと考えて見ました。

WorkFlowyを立ち上げてよくよく見たら、昨年も目標を書いていました。思い出しました。見てみると今年考えている事とほとんど同じだったので、考える事をやめました。

本を読む。旅行に行く。運動をする。昨年読んだ本は除く。昨年行ってないところに行く。運動はやったりやらなかったりだけど継続。

進歩が無い。

今日読んだ本。241/1000「JKハルは異世界で娼婦になった」平鳥コウ
早川書房が出したウェブ発のライトノベル。itmediaが記事にしていたけど、sex描写は頻繁にあるけど、そしてその事が鍵にはなるけれど、官能小説では無い。異世界で生き抜くために娼婦になったハルの話で最初からsexだらけで最後はどうなるのかと思った。

シャワーどうのこうので炎上しているらしいのだけど、異世界に行くこと自体ありえないんだから受け入れてもいいんじゃないかな。

山本弘による『JKハルは異世界で娼婦になった』批判 – Togetter

今日のタイトルはロザムンド・ラプトンの「シスター」から。写真は赤間神宮。

では。

 - あまたの声五月雨のごとく, ぼくの読書法

ad




ad




  関連記事

関門トンネルを通って司港レトロまで歩いてきた。

関門トンネルを歩いて来ました。もちろん人道ですけど。14時過ぎでしたけど、駐車場 …

no image
ブックオフで。

なぜウォルマートは日本で成功しないのか? 島田 陽介 アマゾンではこの古本を3円 …

長崎の祭りと城巡りの旅 その4遠藤周作文学館

遠藤周作といえば狐狸庵先生です。優しそうな笑顔が今でも思い出されます。一番覚えて …

no image
エリック・サティの音楽と新井満の短篇集

エリック・サティを知ったのは阿木譲の「ロック・マガジン」誌上。クラシックに疎いの …

no image
nanacoのポイントが消えちゃいました。

さて、同僚のSが言うには、セブンイレブンで買い物したら今までのポイントが消えてい …

本の町の殺人

13/1000 「本の町の殺人」ローナ・バレット   レギュラーコーヒ …

no image
予防にならなくても、うがいはするぞ。

10年前の映画「トランスポーター」をDVDで。 2と3を続けて見て、1がどうして …

雪が降らないけど最初の予定通り家にこもっていた。

今日は雪の予報だったので、出かけないで家にこもってました。 でも、ちっとも雪は降 …

自分のことにさえ無関心な人々

60/1000 「無関心な人びと」アルベルト・モラヴィア モラヴィアの処女作にし …

小倉駅でペルーの音楽を演奏してました。

今日は家人の定期健診のため小倉へ。ダイヤが変わったのかな。いつもと同じ時間に出た …