あまたの声五月雨のごとく ぼくの読書法 こころの歌

Adrina Thorpe "Elusive"

投稿日:2019/11/05 更新日:

Adrina Thorpe "Elusive"Discogsによるとアルバムは3枚、シングルも3枚発表してます。シングルはフィーチャリング。"Elusive"は2004年のアルバム。YouTubeで全曲聴けます。その他の曲はsoundcloudで。このアルバムはiTunesのサービスが始まって間もない頃初めて聞いた曲。このころのiTunesはプロモーションで日替わりで何曲かファイルを配布してました。そこで手に入れた曲。彼女の高音で繊細ながら細くないヴォーカル。どの曲も軽快でPOPです。ライブではキーボードを引きながら歌ってますね。とても健康的な感じ。ツアーも行ってないようだし活動状況はあまり伝わってこないのでもう歌ってないのかもしれません。Discosの紹介にもありましたが "Indie singer, songwriter & pianist in pop, alternative & trance" とあるようにトランス界でも活躍しているらしい。トランスの女性ボーカルは高音のことが多いのでハマってる気がするけど、曲調がおとなしいのでヒットはしてない模様です。twitterは2015年から、facebookは2017年から更新されてません。

今日は朝から鼻水たれおになってます。寒いせいもあるけれどラーメンを食べても鼻水が出るので、年のせいかもしれません。年々どこもかしこも締りがなくなってきてます。

デカトロンのオンラインショップでQUECHUA の登山ハイキング バックパックを注文。オンラインショップが開設されてからずっと気になってたんですよね。なんせこれとてつもなく安いんだよね。税込み送料込みで390円。登山はしないのだけど旅行に持っていく予定。

早割でお歳暮を注文。最初は広島の牡蠣にしたのだけれどいつ着くかわからないので、色々考えて海苔の詰め合わせにしました。中元歳暮とも毎回考えるのが面倒です。

「三体」劉慈欣 読了。(887/1000) オバマが激賞したことで有名になったらしい。2015年ヒューゴー賞長編部門受賞作。三部作の一作目。終わり頃になってやっとわかったのだけど、これは未知との遭遇、宇宙での地球人と三体文明の遭遇の話。慣れない中国語の名前、理解し難い三体理論、ゲームと現実の混同、乱れる時系列。最初の方は読んでいて辛かった。最初は縦書きで読んでいたのだけれど(hontoは横書きでも読めるので)横書きにしてから読みやすくなった。私は苦手。ハインラインとかレイ・カミングスとかムアコックとかシルバーバーグのほうが好み。(フランク・ハーバードは好きです。)

では。

-あまたの声五月雨のごとく, ぼくの読書法, こころの歌

Copyright© world where it disappears , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.