言葉に寄せて

山口十境の詩その1清水晩鐘(せいすいのばんしょう)

投稿日:2010/11/03 更新日:

清水晩鐘(せいすいのばんしょう)

山口十境詩宮野下恋路「清水晩鐘」です。

 

清水晩鐘(せいすいのばんしょう)

暮雲疎雨欲消魂
獨立西風半掩門
大内峯頭淸水寺
鐘聲驚客幾黄昏

 

清水晩鐘(せいすいのばんしょう)

清水の晩鐘
暮雲疎雨(ぼうんそう)、魂消(たましいき)えんと欲(ほっ)す
独(ひと)り西風(せいふう)に立てば、半(なか)ば門(もん)を掩(と)ざす
大内峰頭(おおうちほうとう)、清水寺(せいすいじ)
鐘声(しょうせい)、客(かく)を驚(おどろ)かすこと幾黄昏(いくこうこん)

山口十境詩「清水の晩鐘」の石碑です。清水寺参道の階段を登り切ったところにあります。

 

清水晩鐘(せいすいのばんしょう)

山門前にもこれより以前に設置された石碑があります。こちらは個人の方が奉納されたもののようです。

 

清水晩鐘(せいすいのばんしょう)

十ヶ所全部にこの石碑が設置されているかどうか確認していないのでよくわかりませんが、残りはあと3ヶ所です。

では。


大きな地図で見る

-言葉に寄せて
-, ,

Copyright© world where it disappears , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.