花を愛でる

あじさいと滝を見る旅 その2日本一のイヌマキ

投稿日:2014/06/29 更新日:

大聖寺のあじさいを見てきました。その2日本一のイヌマキ

第一駐車場のすぐ前にある。夫婦円満縁結びの木。竹が幹の間に生えてきてます。

 

大聖寺のあじさいを見てきました。その2日本一のイヌマキ

中でどうやって竹が生えたのか謎です。これは紅葉の木らしい。手前がモチの木と樫の木らしい。

 

大聖寺のあじさいを見てきました。その2日本一のイヌマキ

本堂の手前から下のあじさい園の左の方向を見たところ。もう少し左の方向に駐車場があります。

 

大聖寺のあじさいを見てきました。その2日本一のイヌマキ

正面真下。

 

大聖寺のあじさいを見てきました。その2日本一のイヌマキ

土産物も売ってました。

 

大聖寺のあじさいを見てきました。その2日本一のイヌマキ

ぴん・ころりん地蔵尊。病魔がコロリと消滅。ぴんぴん元気で長寿。最後はころりんと願いたいものです、とのこと。ダジャレにしてはちょっと苦しいかな。言いたいことはわかります。やさしい顔をされてます。

 

大聖寺のあじさいを見てきました。その2日本一のイヌマキ

奥の方に説明板がありました。胴回りとか高さが書かれてませんでしたが、樹齢は約500年だそう。

 

大聖寺のあじさいを見てきました。その2日本一のイヌマキ

幹が根本で3つに分かれてます。しめ縄が巻かれてました。

 

大聖寺のあじさいを見てきました。その2日本一のイヌマキ

上の方真ん中。

 

大聖寺のあじさいを見てきました。その2日本一のイヌマキ

上の方、左側。

 

大聖寺のあじさいを見てきました。その2日本一のイヌマキ

上の方、右側。さすがにでかい。調べたら胴回り5.5m、高さは13mだそうです。県指定天然記念物。

 

大聖寺のあじさいを見てきました。その2日本一のイヌマキ

大聖寺のあじさいは5000株ほどらしいのですが、群生しているので賑やかですね。

 

大聖寺のあじさいを見てきました。その2日本一のイヌマキ

大聖寺のあじさいを見てきました。その2日本一のイヌマキ

本堂の右奥にもあじさい園がありましたが、下よりは狭かったです。枯れた株もなくて、一番いい時期だったような気がします。さて、あじさいの堪能した後、せっかく佐賀県まで来たので嬉野市まで行くことにしました。

続きます。

-花を愛でる
-, , , , , ,

Copyright© world where it disappears , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.