あまたの声五月雨のごとく

唐戸ボードウォーク

投稿日:

下関、唐戸市場、ボードウォーク。久しぶりに唐戸市場に行ってきた。

カモンワーフは観光客向けなのでパスして、旧英国領事館の前を通って唐戸桟橋へ。唐戸桟橋からハイカラっと横丁の海がわに建てられている青春交響の塔まで歩いてきた。英国領事館から唐戸桟橋まではボードウォークじゃないのでカットしました。唐戸市場の中もボードウォークじゃないけれど見たい人もいるかもしれないので動画に入れました。撮影は全部カシオのEX-FR10です。

 

左から大観覧車、海響館、唐戸桟橋、グランドホテル。大観覧車は11時からなのでまだ動いてません。朝の8時。風が強くてちと寒いです。大観覧車は700円。入園料は無料です。この写真は赤い灯台の前から撮りました。

 

唐戸市場のカモンワーフ側の入り口周辺です。右が入り口です。観光客はたいていこちらから来ると思います。2階から撮しました。プロの方と観光客の入れ替わりの時間帯なので市場ものんびりとした空気が漂ってます。

 

これは唐戸市場の屋上から撮影したもの。右にカモンワーフが写っています。

 

唐戸市場の屋上と亀山神社の位置が同じくらいの高さです。この位置で見ることはないのでなんだか新鮮です。こうしてみると道路の脇の鳥居の高さが右のビルと同じくらいの高さがあるのでひときわ目立ちちます。

 

これは道を渡って道路の前から撮したカモンワーフ。

 

これが青春交響の塔です。高杉晋作と坂本龍馬の友情を表した塔です。出来てすぐの時に会社の社内報のために年男、年女が集まってここで記念撮影をしたことがあります。その時は回りにはこの塔以外には何もなかったです。2本の塔の先端部分が交わうか交わらないかの隙間でお互いに寄り添っています。

 

市立水族館「海響館」の外壁です。このガラスに関門海峡と関門大橋、その続きの門司港レトロの景色がが写ってます。これはとてもいい感じ。

 

唐戸桟橋の入り口堤防の左右にある灯台の一つ。だれが名付けたのか恋人灯台です。

このあと水族館に行きました。続きます。

-あまたの声五月雨のごとく

Copyright© world where it disappears , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.