world where it disappears

下関私生活

*

年上の女性に憧れた光り輝く人生の夏の一瞬の物語

   

84/1000「夏が逝く瞬間」原田伊織

誰にでも光り輝く夏の一瞬があるものです。これもまた人生の夏の物語。

 

水道場まで来て、ハッとした。  水道場の先の正面昇降口の脇に木津香織が、身体を昇降口の壁に預けて軽く両手を組んで庭球部の練習を視ている。教室履きのサンダルのままだ。  タイトスカートの曲線とその下の白い脚の直線が眩しかった。

物語は昭和35年。琵琶湖の東岸の山村に住む男子中学生14才が主人公。著者は京都出身なので自伝的な部分もあるのかもしれない。

母親の通知表に書かれた士族の文字を見て、武士の流れであれば切腹をしなければならないと思い、そのことを悩むような実直さを持っています。問題児ではあるけれど成績は優秀でスポーツは万能。

本格的なテニスをプレイする29才の女性教諭香織。既婚で子供もいる。いい匂いをしている。自己の主張を曲げない真っ直ぐな性格の主人公は、テニスをやっていた一回りも上の女性教師に惹かれ、また、彼女もまっすぐな彼を見守っていく。

文章はである調で、郷土の歴史が語られる文章は、硬質でふわふわした感じはない。その枕が主人公の性格付けと時代背景を語るのにふさわしい。

もって回った言い回しではないので読みにくくはありません。この時代、昭和中期に書かれた小説であっても不思議はないです。

一瞬の夏は憧れと情熱で性急で暑い。これは彼女の視点で書かれたとしたら、冷静で穏やかなものになるのだろうか?。純粋さを失ってどろどろした物になるような気がしますね。

kindle unlimitedで。買うと1000円。新装版もでてます。こちらは紙の本で1620円。

 

 - ぼくの読書法

ad




ad




  関連記事

no image
本が読めないのを老眼が進んだせいにしてみた。

今年の反省。今年は本をあまり読めなかった。せいぜい10冊といったところ。月1冊よ …

no image
David Guetta “Nothing But the Beat”

ちょっとめげることがあって、元気が出ない。 対応としては考えることはなくて、選択 …

モノクロでもフルカラーでも恋をする

久しぶりの更新です。寒かったり、寒かったり、寒さが緩んだり、寒かったりとインフル …

死んだ後にこぼれ落ちるほどの愛を感じる

85/1000「哀しみアプリ」高山環   田渕が驚く。 「妻ではありま …

no image
Windows8.1の再インストールと「安部公房とわたし」を読んだ話

家も会社もノートPCはシャットダウンしないでスリープで置いています。立ち上がるの …

no image
電子書籍をNexus7で。

Nexus7で読もうと思って、アマゾンの”kindle” …

競馬好きのスーパーヒーロー

  72/1000「ロンリー・ディテクティブ 1: 渋谷戦争」蔵部勝良 …

青空を見たかい?。

台風一過で青空が広がったのもたった1日で、今日はまた雨です。 豪雨ではないので梅 …

太秋柿で口もお腹も満足した。

24/1000 「少女ファイト」日本橋ヨヲコ 1巻~13巻   何度か …

けなされても見たくなる映画

112/1000 「江頭2:50の映画エィガ批評宣言」 江頭2:50 &nbsp …