world where it disappears

下関私生活

*

年上の女性に憧れた光り輝く人生の夏の一瞬の物語

   

84/1000「夏が逝く瞬間」原田伊織

誰にでも光り輝く夏の一瞬があるものです。これもまた人生の夏の物語。

 

水道場まで来て、ハッとした。  水道場の先の正面昇降口の脇に木津香織が、身体を昇降口の壁に預けて軽く両手を組んで庭球部の練習を視ている。教室履きのサンダルのままだ。  タイトスカートの曲線とその下の白い脚の直線が眩しかった。

物語は昭和35年。琵琶湖の東岸の山村に住む男子中学生14才が主人公。著者は京都出身なので自伝的な部分もあるのかもしれない。

母親の通知表に書かれた士族の文字を見て、武士の流れであれば切腹をしなければならないと思い、そのことを悩むような実直さを持っています。問題児ではあるけれど成績は優秀でスポーツは万能。

本格的なテニスをプレイする29才の女性教諭香織。既婚で子供もいる。いい匂いをしている。自己の主張を曲げない真っ直ぐな性格の主人公は、テニスをやっていた一回りも上の女性教師に惹かれ、また、彼女もまっすぐな彼を見守っていく。

文章はである調で、郷土の歴史が語られる文章は、硬質でふわふわした感じはない。その枕が主人公の性格付けと時代背景を語るのにふさわしい。

もって回った言い回しではないので読みにくくはありません。この時代、昭和中期に書かれた小説であっても不思議はないです。

一瞬の夏は憧れと情熱で性急で暑い。これは彼女の視点で書かれたとしたら、冷静で穏やかなものになるのだろうか?。純粋さを失ってどろどろした物になるような気がしますね。

kindle unlimitedで。買うと1000円。新装版もでてます。こちらは紙の本で1620円。

 

 - ぼくの読書法

  関連記事

仕事は楽しいかねってきかれたら、もちろんと答えることにしてる。

  21/1000 「仕事は楽しいかね?」 デイル・ドーテン アイデア …

鹿取茂雄の「封印された日本の秘境」を読む。

鹿取 茂雄の「封印された日本の秘境」を読みました。 これは人が誰も行かないような …

懐かしい人に会った。じゃあね、と別れた。

8/1000 「光る海」石坂洋次郎 雨が降りだした。風も強く吹いている。台風12 …

ハードコアラブストーリーまたは大人エンタメテロ

62/1000 「犯罪特区COLD BRAIN」奏ちよこ   極端に言 …

読書術は自分なりでいいんじゃない。

18/1000 「読んだら忘れない読書術」樺沢紫苑   最も効果的な記 …

群れない人は信用できる。「ひとりぼっちを笑うな」蛭子能収

3/1000 「ひとりぼっちを笑うな」蛭子能収   それは、ひとりぼっ …

見てはいけない物を見てしまうと

93/1000「見てはいけない1」辻友貴 94/1000「見てはいけない2」辻友 …

雨降りには本を読んでいた。

71/1000 「メインディッシュはあなたに: 熱血フレンチ恋愛ミステリー」 朱 …

1年で120冊の本を読みました。

118/1000「死んでも死んでも死んでも死んでも好きになると彼女は言った」斧名 …

no image
久しぶりにPayPalを使ってみよう。

朝、会社に行ったら、どこからか「おはようございます」と声が。何度も何度も聞こえて …