world where it disappears

下関私生活

*

年老いた探偵の名推理

   

87/1000「名探偵の証明」市川 哲也

次々と起こる事件を次々解明していくわけだけど、それぞれの事件が関連が無いわけじゃないけれど、バラバラの感じがして物語が途切れるので散漫な気がしないではない。

かつてはテレビやマスコミでもてはやされた名探偵屋敷啓次郎ある事件がきっかけで引退同然のくらしをしている。今や知る人も少なくなった。

以前ほど鋭い推理ができなくなったこともあって、引きこもっていたのだが、再び脚光を錆びさせようと友人たちが画策するという話。

悪くない。有り得る話。

ジェムスボンドもそうだったけど人はだれでも老いるし、老いたら引退というのもありうるのだけれど、老いたからといって活躍できないわけではない。その時その場で頑張れば若さだけで生きている人間より何倍も活躍できる。

私みたいな年寄りにも元気がもらえます。

kindle unlimited 買えば1543円

 

 - ぼくの読書法

ad




ad




  関連記事

レビューの書き方

90/1000「レビューの書き方」月狂四郎 実のところ、レビューを書くのは得意じ …

植草甚一の「僕の読書法」

この本にはカポーティの近況という文があります。近況と言ってもカポーティは1984 …

ガラスの迷路が読めるようになった。

kindleを見ていたら、藤本泉の電子書籍が追加されていることに気が付きました。 …

華麗で優美な幻想小説

70/1000 「茜の帳」直塚万季   稲穂の中から一顆の澄んだ玉がま …

世界は両手の間からこぼれ落ちていく

12/1000 「世界を知る6つの特別講義」大前研一   奥さんから会 …

片岡義男全著作電子化計画が進行中です。サポーターを募集しています。

  片岡義男全著作電子化計画がボイジャーで進行中です。あのボイジャーで …

仕事は楽しいかねってきかれたら、もちろんと答えることにしてる。

  21/1000 「仕事は楽しいかね?」 デイル・ドーテン アイデア …

年上の女性に憧れた光り輝く人生の夏の一瞬の物語

84/1000「夏が逝く瞬間」原田伊織 誰にでも光り輝く夏の一瞬があるものです。 …

冷たい風に煽られて、身をすくめて歩いた。

  今日は断続的に雪が降りました。風が冷たくて、外に出ると死にそうに寒 …

気になったポッドキャスト2つと海街diary

歯にいいだろうと思って朝の歯磨を終えて会社につくまでの通勤時間、キシリトール入の …