world where it disappears

下関私生活

*

君は君であって他の誰でもない。

      2018/02/19

今朝はゆっくり。目覚めたのが5時。大抵は休みの日はいつもより早く目が覚めるのだけど、今日はいつもより遅い。

久しぶりにコーンスープを飲んで温まる。8時ごろまで本を読んで、カップ焼きそばを食べる。明星の一平ちゃん。普通に食べていたつもりなのだけど、喉に詰まったので慌てて白湯で流し込む。熱い。

昨日は仕事から帰って、夜買い物に行ったので今日は外に出ず、一日ゆっくりする。オリンピックは興味がなくて見てなかったのだけど、昼ごはんを食べながら奥さんとフィギュアスケートを見る。メドベージェワ華麗でとても良い。

今日あたりからまた寒くなるということだったのだけど、そんなに寒くない。

 

296,297/1000「ダンタリアンの書架」三雲岳斗

揚げパンに砂糖をまぶして食べるのが好きなダリアンは幻書を胸の中の壺の中の書架に収めている。ダリアンの世話やきのヒューイはその書架の鍵守。幻書にはそれぞれに世界を変える力がある。ダリアンとヒューイは幻書の持ち主の悪事と戦っていく。言葉には魂が宿っているというし、その言葉を書き留めた本には魔法の力が備わっていても不思議じゃない。時は第一次世界大戦後、なんでも起きそうな時代で、場所はイギリスっぽい。これも幻想的な雰囲気の場所。レトロっぽいいい雰囲気の幻想小説。

 

298〜302/1000「やがて君になる」仲谷鳰

百合漫画なので女子同士のキスのシーンとかもあるのだけど全くどきどきしない。高校一年生の小糸侑は誰をも特別に思うことができないし、先輩の七海燈子は死んだ姉になり切ろうと演じることでアイデンティティを保っている。だからそこに感情が溢れ出ない。タイトルの意味がわかるのは5巻になってから。これは侑の物語ではなくて燈子が自分が何者なのかを探す成長物語なんだな。侑はありのままの今の燈子でいいのだと、劇を通じて燈子に言っているのだけど、燈子はそれを受け入れることができるのだろうか。燈子は燈子であって他の誰でもないんだ。超おすすめです。

 

 - あまたの声五月雨のごとく, ぼくの読書法

ad




ad




  関連記事

ただしい私に見えない。か?。見えない。

朝2時。外はまだ暗い。休みなのに目が覚める。睡眠のサイクルが未だに狂っている。昨 …

錦帯橋で岩国寿司を食べてきた。

下関では桜は今が盛りをちょと過ぎたところで満開です。雨がふらなければ淡いピンク色 …

ゆっくり歩く。

靴が悪いのか、足が弱いのか。その両方だろうな。ほんのちょっと歩いただけで足に豆が …

味噌汁は朝の・・・。

目が覚めると遠く霧笛。窓のある山の方向から。今日はいつもより大きく聞こえる。山で …

運命と共に生きる明るい女性の物語

83/1000「KI・RI・E ~はじまりは夏のおわりから~」吉田裕美 &nbs …

サブウェイでモーニング

起床は12時。一応、日はまたいでます。寝付いたのが10時半なので頭は重いです。タ …

なつかしの子供たちの生活が思い出される物語

55/1000 「あひる」今村夏子 今村夏子は太宰治賞と三島由紀夫賞を受けた作家 …

春うらら東行庵の梅苑

  昨日の昼下がり、東行庵へ梅の花を見に行ってきました。梅園の横の駐車 …

主人公以外はかわゆい女の子のお話。

96/1000「僕の文芸部にビッチがいるなんてありえない。1」赤福大和 97/1 …

光陰ロケットのごとし。

  台風18号タリムが接近中。まだ雨も風も無いけれど、予感だけはします …