world where it disappears

下関私生活

*

太宰治が読みたくなる。

   

朝靄なのか霧なのか、今日は日の出が見られなくて、朝日もさしませんでした。遠くの景色は桜の季節のようにぼんやりとして、湿った空気が顔にまとわりつきました。

世界の静けさが染み込んできて、心までが湿ってきます。かすかな風に「おまえはなにをしてきたのだ」と、中也の詩のように問いかけられます。

アマゾンプライムビデオで「恋は雨上がりのように」を引き続き4話から7話まで。45歳の不惑のはずのおじさんの心が揺れています。この恋は叶っちゃだめだよね。揺れてもいいのだけどその葛藤は別れに向かって終局していくのだろうね。

「刻刻」を1話から5話まで。コミックの1巻は無料でダウンロードしたのだけど、まだ読んでなくて、試しに見たらやめられなくなった。切り取られたフィルムの1コマのように止まった世界で繰り広げられる闘争劇。

「博多豚骨ラーメンズ」ポッドキャスト「そこあに」エピソード517で紹介されていたので気になってとりあえず1話を。まだ、わけがわからない。面白さがわからない。博多が舞台なのだけど架空の博多での殺し屋の物語。

ということでアニメ三昧の1日でした。何処へも行かず引きこもってます。

305/1000「ビブリア古書堂の事件手帖6~栞子さんと巡るさだめ~」三上延
古書をめぐるミステリ。今回は太宰治の「晩年」の稀覯本を巡る物語なのだけど、本をめぐる物語より太宰治の生き様の方に興味が湧きます。太宰治あんまり読んでないんだよね。「斜陽」「人間失格」ぐらい。青空文庫に273作品登録があるので、読んでみることにする。

では。

 - あまたの声五月雨のごとく, ぼくの読書法, 映画やドラマを見たよ。

ad




ad




  関連記事

道に転がり落ちて目が覚めた。

大学に1ヶ月行ってませんでした。今日こそ頑張っていこうと、学校に向けて歩き出しま …

カルピスをビールと一緒に食べた。

梅雨 が明け、降りそそぐ陽射しを 手 庇 で見上げる頃になると、路地に金魚屋の声 …

台風接近、NEW YORKの帽子を被って買い物へ

  1時半に目が覚めて寝られなくなりました。頭がボートの3人男だったの …

寒い日に
冬の寒い日に失敗ばかりした話し。

雪が舞う中、買い物に行きました。青果売り場でポケットを探ると、メモを忘れたことに …

たまにはテレビを見てみようかなと思わせたポッドキャストについて、そしてYouTube。

[kindle storeで無料本ばかりダウンロードしている今日この頃、ダウンロ …

ふくふく維新券

写真はもう完全に忘れらている平成11年の地域振興券、下関市のふくふく維新券です。 …

仕事と遊びが楽しければ確かに人生は楽しい。

29/1000「永江一石のネットが面白くてナニが悪い」永江一石   仕 …

次の展開がが気になるぞ「夜伽の国の月光姫」

31/1000 「夜伽の国の月光姫」青野海鳥   セレネ=アークイラに …

自動販売機とうどん

久しぶりの自動販売機です。 場所は唐戸商店街の中。 大塚の自販機が珍しかったので …

田川市の石炭・歴史博物館はとても広々としていました。

先日来の雨もあがり、20日午前中は秋晴れとまではいかないにしても、鰯雲の間から青 …