あまたの声五月雨のごとく

冬の天気の良い日に奥さんの付き添いで小倉に行ってきた。

投稿日:

休みの日なのだけど、いつも通りに起床。仕事が気になったので布団から起き出してPCを立ち上げる。メールを確認して添付ファイルをダウンロード。データの修正部分を確認。

iPadを開いて読書。夜が明けかけて次第に明るくなってきた。朝日がさしてきたのでベランダに出て、日の出を激写。太陽の出る場所は少しづつ西に移っていって、今朝は火の山の頂上から太陽が昇っていた。写真では太陽の形がはっきりしないのだけど、丸い形がくっきり見えていた。いい天気になりそうな予感。

今日は3ヶ月に一度の小倉行きの日。奥さんの受診に付き合います。家から駅までは3分しかかからないのだけれど、気ぜわしいのは嫌なので早めに出かける準備が整って、20分前には家を出ました。プラットホームは風が強くて寒いので待合室で待ちます。早く出たので予定より1本早い列車に間に合って、乗り込みました。

小倉駅に着いたのは予約の時間の30分前。寄り道するところもないのでそのまま病院へ。受付と採血を済ましても診察までは時間があるので、サブウェイで早めの昼食。

エビアボガドにしようと思ったのだけど、金曜日の日替わりセットはBLT。これはこれで美味いんだよね。パンはいつものハニーオーツ。ドレッシングはハニービネガー。甘いのが好きだからね。トッピングの追加は無し。ドリンクはホットコーヒー。今日はシュガーだけでなく胃をかばってミルクを入れる。

病院へ戻って診察を待つ。その間はずっと読書。以前は本屋に行ったりして時間を潰していたのだけど、手持ち無沙汰感が半端ないのでこの頃はそのまま病院で奥さんを待つようにしている。

受付時は待合室が座れないほど混んでいたのだけど、昼食を終えて戻ってくると待つ人は少なくなっていた。いつもより早い時間に終了。

奥さんが気になると言うので帰りの列車の中では携帯のワンセグでオリンピックのフィギュスケートを。オリンピックは見所が沢山あるのだけど、出場する選手が報われていないのが残念。関門トンネルの中では列車が脱線しそうに揺れてちょっと怖い。交流直流の境目の惰性で走る部分があるからかな。

帰宅後再度PCを立ち上げてチラシの修正を確認。写真がないところを確認して責了。

304/1000「人生逆戻りツアー」泉ウタマロ
名前だけ見ると男みたいだけど作者は女性。内容は女子らしくも男子らしくもない。死んだ後に、主人公の辿って来た人生を振り返る話。浮き沈みもとりたててなく、ドラマチックでもない、普通の人生。教訓じみているところがあって共感しにくい。

では。

 

-あまたの声五月雨のごとく

Copyright© world where it disappears , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.