愛車で旅に行ってきた。

2019年4月広島で神楽と花を見る旅その4中に入るとまるで桃源郷でした。ラ・スカイファーム

更新日:

今高野山を出て約30分、目的のラ・スカイファームに着いたのは11時過ぎ。近くの世羅高原農場ではチューリップ祭りを開催していて、観光バスや自家用車でごった返していましたが、ここは止まっている車も数台で、人の姿も見えませんでした。

入園料は大人700円。世羅高原の農場の入園料としては相場です。
1日で 2~3ヶ所は回れると思うので、3年間くらい有効な各農場共通の回数券があればいいのにな、と思うのは私だけじゃないと思います。

入り口に杖が置いてあったので聞くと、アップダウンがあるので、大丈夫だと思っても使われたほうがいいと思います、と言われたので1本づつ持っていくことにします。

入り口は料金所の左。通路をでると、そこは桃色と黄色と白の広がる桃源郷でした。

園内マップ通りに歩いていきます。園内は3つのブロックに分かれているようです。一番奥が一番きれいなので奥まで行ってくださいね、と言われていたので心して歩くことにしました。

ここは園内マップの2番あたり。左右に菊桃が咲いています。

桃の花がどんなだったか思い出せないのですが

これなんかは菊っぽい花びらですね。色は桃色。

この白いのも菊桃です。

空の青、菊桃のピンク、菜の花の黄色、葉の緑。とても美しい景色です。

中に入ると人の気配が感じられます。満開の時期にもかかわらずごった返しているほどでもなく、かといって閑散としているでもなく、人の気配はあちこちにあって、ゆっくり花を鑑賞するにはちょうど良い感じです。

園内マップの5番から6番の間ぐらいのところです。

ラ・スカイファーム第2ブロックに続きます。

-愛車で旅に行ってきた。
-, ,

Copyright© world where it disappears , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.