あまたの声五月雨のごとく

川の中を泳いでいた鯉のぼりは涼しそうだったよ。

更新日:

GWも終りに近い、5月5日こどもの日、日曜日に防府市の佐波川の水中鯉のぼりを見に行ってきました。

車は臨時駐車場になっていた小野小学校のグランドに止めました。

小野小学校からもるとはるか遠くのように見えますが、歩いて3分くらいです。

実は小学校に止める前はここまで来るまで来たのですが。進入禁止だったので引き返しました。混雑防止の為、橋から一方通行になっているので、上流に向かって右岸の道からくると、直進できて河川敷の駐車場に止めることができます。ただ人が多いので小野小学校に止めるのが楽でベストだと思います。

橋の手前から河川敷を見ると、なんだかとても賑わってます。いや、こんなに人が多いとは思いませんでした。

人と車をかき分けて、橋の中央まできました。下を見ると水中を泳ぐ鯉がよく見えます。この水中鯉のぼりは昨年も見に来たのですが、早すぎて見ることができなくて、今年は見れてよかったです。

この水中鯉のぼりの実施期間は5月3日~5日の3日間です。日にちが短いので予定を立てておかないと見逃してしまいますね。小舟が上流から下流へとゆっくりきます。鯉のぼりが流されないか確かめているようです。

車の誘導をしているかたと少し話をしたのですが、水の流れが早くて、1昨年は鯉のぼりが流されてしまったそうです。

橋を渡って対岸から。横からだと水が反射して見にくいです。こちらからは水辺に降りることができないので、河川敷の方に移動しました。

日差しが強くて橋の影で休んでいる方も多かったのですが、子供を含めて若い方はとても元気ですね。河川敷のあらゆるところで鯉のぼりを持って走り回っていました。子どもたちの元気な声も聞こえます。

大きなテントが3つあって食べ物を売っていました。列ができてました。

水の流れはそんなに急には見えなかったのですが鯉のぼりが揺れてなかったのでそう見えたのかもしれません。

杖立温泉を代表に川の上を泳ぐ鯉は各地で見ることが出来ると思いますが、水中を泳ぐ鯉のぼりはここだけじゃないでしょうか。

先程の誘導員の方は、今年はとても人が多いとおっしゃてました。SNSの影響だと思うとも。

入場料もいらないし、河川敷は広いし、弁当を持っていっていいし、テントでなにか買ってもいいし、家族連れだととても楽しいんじゃないでしょうか。広島や下関ナンバーの車も多数見ましたので遠出して来られていtる方も多かったようです。

暑かったので帰りにコンビニに寄ってアイスを買ってしまいました。

では。

-あまたの声五月雨のごとく

Copyright© world where it disappears , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.